« 馬鹿のすすめ | トップページ | 男の立ち姿 »

2011年2月25日 (金)

心ならずも

人生は偶然に満ちているし、思う様になるなんてこたぁ~無い。

それでも自分なりにコツコツと努力して、

Cimg3116

余暇には園芸やスポーツなんかにも楽しみを見つけてきた。

そして気がついたら既に還暦を回っていた。

これが江戸の昔なら、十五歳で元服、二十歳で一人前、四十じゃ隠居だ。

Cimg3144

それでもつて平均的には人生五十年だったのだ。

ところが今、還暦過ぎったって未だ随分若いなァ~と感じる。

思い通りにならないことを幾つも経験して、

Cimg3126

それでもって大人になったような気がしていた。

しかし・・・、気持ちは二十歳の青年とちっとも変わらんぜよ。

まだまだ無限の人生が広がっているようにすら思う。

Cimg3135

とは言え、孫もすくすくと成長し世代交代の兆しも見える。

何故か私の言うことも聞いてもらえなくなったし、無視さえされることもある。

やがて、どこかに寄りかからにゃいけなくなるかも知れない。

Cimg3142

それが自分のことなのかどうか?

イヤイヤ万が一寄りかかるとしても、そりゃ椅子の背もたれ位にしておこう。

何もカトレアの花を咲かせるつもりだった訳でもあるまいに。

Cimg3115

レンゲは田圃でレンゲのように咲けばいいんだ。

何ッ・・・ドクダミの花だって・・?

|

« 馬鹿のすすめ | トップページ | 男の立ち姿 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心ならずも:

« 馬鹿のすすめ | トップページ | 男の立ち姿 »