« 自然と共に | トップページ | 投書の波紋 »

2011年3月29日 (火)

この世に無いもの

人はこの世に生まれてから数限りない失敗しながら成長する。

転んで痛さを覚え、転ばないよう工夫をするようになる。

Cimg0714

熱さに触れて初めて火の危険を知る。

その失敗にも色々あるが、失敗を転機に伸びることの方が多い。

しかしながら、今回の福島原発事故はその埒外にある。

Cimg3008

事前の危機管理にしろ、事後の対応も後手後手に回った。

現場の必死の復旧作業や冷却放水に当たる人々の辛苦は別にして、

政府も東電も失敗に失敗を繰り返している。

Cimg3083

認識不足もはなはだしい致命的な失敗を犯してしまったのだ。

そもそも制御不能などとは、技術でも何でもなかった証だ。

ただただえたいの知れない利益追求の結果でしかない。

Cimg3086

結果として、長期にわたる住民の被害と放射能汚染を広げている。

当然ながらその責任を負ってもらわねばならないが、

国が金のなる樹を持っている訳ではない。

Cimg3088

最後は国民の全てに莫大な負担がのしかかって来る。

その余りの大きさに、私達は既に怒りすら忘れている。

これは、あのTPPの騒動も本質的に同じ輩の仕業だ。

Cimg3091

この世に無いものが三っある。

それは天国への階段、大海に架ける橋、そして政治屋の正義だ。

それに、頭の病める(リーダー不在)時は、全身も鈍るのだ。

Cimg3114

ゆめゆめそのことを忘れるまい。

|

« 自然と共に | トップページ | 投書の波紋 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

内閣府に原子力委員会と原子力安全委員会という組織がある。原子力委員会は原発推進、原子力安全委員会は安全という観点から原発に対し抑制する立場である。この原子力安全委員会がどうも心もとない。原発の安全性が問題になっているのに安全委員会の面々はテレビに全然出てこない。
その代わり安全・保安員が前面に出てきている。
保安員は経済産業省に属し、原発推進派である。大きな権限を持ち原子力行政を推進している。原子力安全委員会がブレーキをかけ物事がスピーディーに進まないので安全・保安員を作ったようである。(この時は一定の抑止力にはなっていた)
その結果、原発はアクセルはあるが、ブレーキのない自動車のようになってしまった。
その安全委員会のトップである斑目氏が浜岡原発差し止め訴訟で次のような証言をしている。
斑目氏
「非常用ディーゼルが2台動かなくても, 通常運転中だったら何も起きません。ですから非常用ディーゼルが2台同時に壊れて, いろいろな問題が起こるためには, そのほかにもあれも起こる, これも起こる,あれも起こる, これも起こると, 仮定の上に何個も重ねて, 初めて大事故に至るわけです。だからそういうときに, 非常用ディーゼル2個の破断も考えましょう, こう考えましょうと言っていると, 設計ができなくなっちゃうんですよ。つまり何でもかんでも, これも可能性ちょっとある, これはちょっと可能性がある, そういうものを全部組み合わせていったら, ものなんて絶対造れません。だからどっかでは割り切るんです。」

問い「どっかで割り切るということは, ものを造るために, この程度を考慮すれば造ってもいいだろうという感じですね。」

斑目氏「そのとおりです。」

これが原子力安全委員会のトップの発言です。
この程度の輩が安全委員会のトップとはお粗末極まりない。
東大には東電から冠講座として毎年5億円、新聞・テレビには200億円以上の広告費がばら撒かれているそうである。
東電批判には全員腰が引けている。
被災地のテレビ中継に福島県は出てこない。「すぐに人体には影響がない」と言っている御用学者の言を信じて安心して中継したらいいのにと思う。
そんな言説を垂れ流しながら自分たちはそれを全く信じていないということがよく解る。

今日、中部電力が津波を想定して訓練をしたというニュースが流れていたが、津波よりも地震による隆起によって引き起こされるパイプの破断の方が深刻である。
余談だが、テレビによく出て説明をしている保安員の方は、TPPの実務交渉をしていたが、判り易く説明できる人が保安員にいないので急遽「保安員」として登場したそうである。
あのおじさんは貴兄の天敵ですぞ。


投稿: 同世代の暇人 | 2011年3月29日 (火) 23時13分

追伸:
保安員の「員」の字を間違えてしまいました。
正しくは、「原子力安全・保安院」でした。

投稿: 同世代の暇人 | 2011年3月30日 (水) 09時14分

 さもありなん。口舌の徒は、往々にしてこういう困った場面に使われるのです。

 しかしながら、今回の原発危機はTPPのように口先で誤魔化せるものではないんです。

 既に、馬脚の大方が露見していますね。
                山草人

投稿: 山草人 | 2011年3月30日 (水) 20時19分

 コメントで「同世代の暇人」さんから、「テレビによく出て説明をしている保安院の方は、TPPの実務交渉をしていたが、判り易く説明できる人が保安院にいないので急遽『保安員』として登場したそうである。」との情報を始めて知り、驚きました。マスコミ等では得がたい情報です。ありがとうございました。

 最近、「官愚の国(高橋洋一)」を読んでいたら、p28に「官僚は易しい問題を解く能力に長けている。裏返せば、難しいことには手を出さない。答えが分かっていることを簡単に処理する。その意味での”優秀さ”であって、試験によって選別されたにすぎない。官僚の能力とは、しょせんその程度のものなのである。」とありました。彼もその一人と思うと、あの無表情も納得できます。

 「同世代の暇人」さんのコメントでは続けて、「あのおじさんは貴兄の天敵ですぞ。」の警告もありました。
 しかし、「いくら説明上手でも、中身が分かっていない説明では国民が納得しない」見本となっています。彼がTPPに戻ってくるとしても、皆様がそれ以上の論理的中身をもって対抗するなら、恐れることはないと思っています。仲間で事前に議論して相手の急所を探し、大いに健闘してください。

 朝日新聞の4月2日、「耕論」に、元産業再生機構のCIOであった冨山和彦さんから、「すべては『子どものために』」という寄稿がありました。再起に向けた重要な提言と思っています。特に重要と感じた一部を以下に引用します。

 決断とは一部に犠牲を強いることです。できない人にリーダーの資格はありません。有事に判断を先送りする人間が、平時に決断できるわけがない。官公庁、企業、政党は人の評価をやり直したらどうでしょう。   修羅場の中で、政財官の誰が役に立ち、誰が役に立たなかったか、逃げたか。記者のみなさんは見ていますね? 国民はそれを知りたい。あとで総括して報道してほしい。   これからの日本再興で一番大切なことは、すべての政策やプランを「子どもたちにプラスかマイナスか」で判断することです。「国は何をしてくれるか」ではなく、「あなたは国の未来のために何ができるか」を問うこと。それを国民に問う勇気あるリーダーを選ぶこと。   だから町づくりも、さらには国づくりも30代までの若い世代に任せたい。50年後にも生きているだろう彼らが、未来を決めるべきです。   それより上の世代は、子どもたちのためにどれだけ犠牲になれるか、当然と思っている既得権益をどれだけ捨てられるか、が問われる。年金受給権も、医療保障も、あるいは年功序列や終身雇用も。それが大事です。すべての政策や復興計画は、子どもたちの未来を軸に考えていく。

 60代以上の方に、特に強調します。「それ(30代)より上の世代は、子どもたちのためにどれだけ犠牲になれるか、当然と思っている既得権益をどれだけ捨てられるか、が問われる。年金受給権も、医療保障も、あるいは年功序列や終身雇用も。それが大事です。すべての政策や復興計画は、子どもたちの未来を軸に考えていく。」  我々は日々の行動でも、この指標と照らし合わせて、自制したいものです。 そして、個々人が「自らが国の未来のために何ができるか」を問うべきだと思います。

 「すべては『子どものために』」は全文を入力してあります。ご所望の方はメールで送ります。私のメール宛先は、山草人さんにお問い合わせください。その際には山草人さん、お手数ですが宜しくお願いします。

投稿: 米山 | 2011年4月 7日 (木) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この世に無いもの:

« 自然と共に | トップページ | 投書の波紋 »