« 自制の姿 | トップページ | 地域に動きを! »

2011年4月26日 (火)

時を溜める

私達が時の存在を意識するのは、それは大抵が普通でない時だ。

試験の締め切り時間だったり、電車に乗り遅れそうな時だったりするだろう。

Cimg2670

時間が限られたり、逆に余ったりすると時を意識せざるを得ない。

一日中何もやることが無くて、ひたすら時の経過を待つ。

Cimg3167

時間を持て余す恐怖がアルコール中毒を引き起こしたりもする。

だが時こそが、人々の傷を癒してくれるものでもある。

Cimg3216

だから時に切羽詰まったとしても、グッと耐えて時を待つことが肝心だ。

過ぎてしまえば、その切羽は実は何でもないことかも知れないのだ。

Cimg3449

実はこんな事をかいたのは、過去一年間を振り返っていたからだ。

ある自治会長がとにかく虚勢を張ること著しくて、

Cimg3453

私の提案に逐一逆の発言と行動をする。

決められた日の回覧文書ですら、自己都合で配布を遅らせる。

Cimg3463

求めた報告もほとんど無視する。

と言った具合で、私の担当地区の会議はいつも混乱した。

全くもって無駄な苦労をさせられたのである。

Cimg3493

しかしまあ過ぎてしまえば、その男の心事がやや寂しく思えるだけで、

その男も、若造に負けまいとそれなりに気張っていたのかも知れない。

今回の被災で苦しい思いをされている皆さんとは比較にならないが、

Cimg3557

困ったら、その少しの時間を耐えてみることだ。

活路は必ず見えてくるものだ。

|

« 自制の姿 | トップページ | 地域に動きを! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時を溜める:

« 自制の姿 | トップページ | 地域に動きを! »