« 泉涌寺と楊貴妃 | トップページ | 伏見稲荷の鳥居 »

2011年4月18日 (月)

負けるな東日本

震災から一ヶ月以上が経過したけど、復興の槌音が一向に聞こえてこない。

原発事故があるとはいえ、

Cimg3738

その原因は政府の骨太な復興対策が見えないことだ。

それに、政治主導の弊害で官僚組織が動けないでいるのが大きい。

Cimg3735

一刻も早く、復興需要を盛り上げることが必要だ。

この点、阪神淡路の震災と相当の隔たりがある。

Cimg3740

ところで震災以来、日本全国が自粛ムード一色で経過してきた。

しかしこれも、このままでは日本経済沈没を招来しかねない。

Cimg3741

と言う訳で、昨日は掛川新茶マラソンが開催された。

あちこちの大会が中止されて参加料が義援金に回される中で、

Cimg3743

この大会の勇気ある開催は、大いに評価すべきだと思う。

遅れていた茶の新芽も勢いよく伸び始めている。

Cimg3748

バラの生産農家は、この3月4月の最大需要期を失意のうちに過ごした。

新茶期を迎える茶農家に、同じ落胆をさせてはなるまい。

Cimg3749

震災以降の雰囲気を払拭しないと、

秋には農家も倒産を余儀なくされるだろう。

Cimg3750

ともあれ大会は、がんばれ東日本一色だった。

Tシャツに染め抜いたランナーやら、義援金を募る姿やら、

Cimg3752

沿道の応援もガンバレは同じだった。

やはり、元気は体を動かすことから始まる。

Cimg3753

被災地でも、少しでも早くビルドに移る支援が必要だろう。

とにかく昨年を千人も上回るランナーが春の野を元気に走り抜けた。

Cimg3756

久しぶりの大会だから、躍動感もあったな。

それで私も、昨年より40分も速く走ったぞ!

|

« 泉涌寺と楊貴妃 | トップページ | 伏見稲荷の鳥居 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けるな東日本:

« 泉涌寺と楊貴妃 | トップページ | 伏見稲荷の鳥居 »