« 雲龍院の窓 | トップページ | 源氏物語と宇治 »

2011年4月21日 (木)

東寺の桜

Cimg3718

下りの新幹線が京都駅を出ると、左側に黒々とした五重塔が見える。

現存する塔で、55mと最も高い東寺の五重塔だ。

Cimg3715

街のとば口に巨大な古寺がある訳だが、意外とその由来が知られていない。

その為かどうか、今春の京都の観光キャンペーンは東寺のしだれ桜だ。

Cimg3711

その憂いを湛えるかのような桜を目当てに足を向けてみた。

かの桜はやはり五重塔と伍して、参道の桜を睥睨して立っていた。

Cimg3712

しかしそれは南東部の一角のことで、

8条から9条にかけての寺は背の高い瓦葺土塀に囲まれている。

Cimg3713

その広い寺域に大師堂や金堂、講堂、鐘楼などの堂塔伽藍が並んでいる。

そして五重塔は徳川家光の寄進であり、

Cimg3716

金堂は豊臣秀頼によって再建されたものだ。

この東寺は今は無くなってしまった西寺と併せて、

Cimg3718_2

平安遷都に際しての王城鎮護のために建てられた官寺だった。

地震や病気、火災など災害の怨霊から京の都を守らんとしたのだ。

Cimg3719

だから東寺は、源氏物語など平安文学にもよく登場する。

いずれも加持祈祷の場面だ。

もののけを折伏するという真言密教のそれである。

Cimg3720

東寺は、弘法大師空海の思想、そして仏の宇宙を表現した寺だそうだ。

ともあれ今、東寺の境内は人々の憩いの場でもあり、

近頃では町中の故に日曜市で賑わう。

Cimg3722

なるほど入場料の必要なのは、講堂と金堂の一角だけだ。

改めて、ゆっくりと空海という人を考えようと思った。

|

« 雲龍院の窓 | トップページ | 源氏物語と宇治 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東寺の桜:

« 雲龍院の窓 | トップページ | 源氏物語と宇治 »