« 雁の寺 | トップページ | 龍安寺の安寧 »

2011年4月12日 (火)

等持院

等持院の桜もちょうど満開で、

山門から中門にかけて美しいアプローチが続く。

Cimg3572

現在の建物は、福島正則が妙心寺から移築したものだそうで、

どこか城の風情を思わせる。

福島正則は、尊氏に傾倒していた家康を慮ってこの建築を請け負ったらしい。

Cimg3573

ともあれこの寺の霊光殿に、尊氏から15代将軍義昭までの像がある。

それで思い出したのだが、幕末にこの尊氏の像を巡って事件があった。

足利尊氏は尊王の敵とされていて、勤皇浪士がこの寺に夜襲をかけ、

Cimg3575

尊氏の木像の首を切って鴨川に晒したあの事件だ。

だが、現在の霊光殿の尊氏像にはちゃんと首があって、

端然として理知的な顔をして座っていた。

Cimg3724

方丈の裏に回ると夢窓国師の作った庭が広がっている。

真ん中の池は芙蓉の花の形をしていて芙蓉池と呼ばれ、

その池の隣に尊氏の墓が立っている。

Cimg3583

それにしても尊氏は、戦前までは悪人・不忠の見本とされた。

時代の人物評価などは当てにならないと言う事だろう。

芙蓉池を見下ろす小高いところに、

Cimg3577

鄙びた風格を帯びて茶室の清漣亭がある。

村田珠光や相阿弥好みの茶室らしい。

水上の小僧時代には、この池の畔に祠があって、

Cimg3581

聖天像が祀られていたらしい。

言うまでも無く歓喜仏である。

杉苔の広がる庭と池を見ながら、水上の過ごした小僧時代をしのび、

そして又、金閣・銀閣をも造営した足利15代の230年を思ってみた。

すべからく、諸行無常の響きというところだろうか。

|

« 雁の寺 | トップページ | 龍安寺の安寧 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 等持院:

« 雁の寺 | トップページ | 龍安寺の安寧 »