« 春の夢 | トップページ | ふるさと »

2011年5月 1日 (日)

男の耳順

子供の頃、スポーツ音痴で内気な自分が嫌でたまんなかった。

自分に何ができて、はたまた何をやりたいのかすら分からなかった。

Cimg3813

「果たして人並みに生きていけるだろうか」そんな不安と同居していた。

そんな気持ちが変わりだしたのは、就職して仕事に夢中になってからだ。

Cimg3789

仕事は次第に面白くなったし、要するに自分の活路が見えたのだ。

しかしそれも40代になって、仕事に終始する人生に不満が芽生え出す。

Cimg3812

つまり「もっと幅広く生きれないか」って思い始めたのだ。

それで「走る、作る、書く、会う」ことを始めた。

まあ言うならば、そこで私の人生は大きく転換したと思っている。

Cimg3808

ところで問題はこれからだ。

望むらくは「成熟」したいのだが、それには成熟の中身が必要だ。

Cimg3788

男は女性よりも平均寿命が短い分、

歳相応の魅力を備えるべきだと思うのだ。

Cimg3809

肉体の老化は如何ともしがたいから、無駄な抵抗をしても仕方がない。

だが男の加齢は、必ずしも容色の衰えには繋がらない。

Cimg3806

気迫と心がけ次第で、ある種の成熟の色気を醸し出せるようだ。

是非そうありたいと思うのだが、

不肖小生はいまだに迷い続けて天命も知らずにいる。

Cimg3790

いわんや耳順などと言われても馬耳東風である。

ともあれ、程よい歳のとり方を心がけたいと思う昨今なのだ。

|

« 春の夢 | トップページ | ふるさと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の耳順:

« 春の夢 | トップページ | ふるさと »