« をのこやも | トップページ | 友ありて »

2011年5月24日 (火)

挨拶一つ

挨拶の効用がしきりに強調されている。

挨拶は人間の仲間になる入口みたいなもんだから、そりゃ真に結構だ。

Cimg3999

私の朝は「お早うございます」から始まる。

毎朝出勤前にこれを50回は言うだろうか。

これに対して挨拶を返す子(小学生)は2割くらいだ。

Cimg3970

年齢にかかわらずいずれもしっかりとした顔をしている子だ。

それに6粘性のリーダー次第でそのグループは大分変わる。

中学生も最近ではだんだん挨拶を返すようになった。

Cimg3969

女子高校生も概ね良くできている。

ところが問題は男子高校生だ。

「俺に何の用があるんだッ」てな顔をして自転車をこいでいく。

Cimg3968

我が町の市長は、それでも高校に出かけて挨拶の大切さを強調しているらしい。

そもそも、子供に挨拶を教えるのは親の役目だ。

そいつも出来ないくせに、私達の「挨拶運動」に眉をしかめたりする。

Cimg3888

挨拶ってやつは、それを習慣にしているうちに潤滑油になるのだ。

挨拶は礼儀そのものの始まりだ。

Cimg3882

つまりは挨拶は自分の為だってこと。

しっかりと挨拶のできる子の顔を見れば、その子の将来がおおよそ知れる。

世の中のお母さん、このことをよお~く考えてネッ。

Cimg3881

こりゃ、要らざるお節介かな。

|

« をのこやも | トップページ | 友ありて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 挨拶ですか?
朝の元気な挨拶や久し振りに会う旧友との挨拶は、気持ちいい。
 家族や地域の方との笑顔の挨拶・・特に意味も考えないがお互いしているものだけど・・・。
 豊橋のはずれや伊良湖辺りを走っていると全然知らない自転車の中学生から挨拶して来る。
 親や地域がしっかりしている証拠だと思う。
 我愚妻は、私が少し遅く起きようものなら『おそよう』と挨拶を返してくる。
 バカ者、本来『おはようございます』とは、『お早いですね・・』と言う目上に対する労いの言葉だと父から習ったが、早い遅いの競争ではないのだ。
 しかし、二割とは少ないですね。
 アメリカ式に『元気ですか~?』と言って見たら・・・。
 私なら、挨拶してくれたら『お母さん元気?』『今日も元気だね~』『靴が格好いい』等も短い会話してました。
 たいてい子供の顔で親が分ったりする田舎なので・・・。
 子供は、褒められると興味持ちますよ。
次は、絶対挨拶して来ますね。
 三秒のコミヌュケーションですよ。
何人子供が居るのでしょう?
 300人位なら名前も覚えられる。
名前って基本ですからね。
 名前呼ばれて挨拶返さない子供居ませんよ。
 くれぐれ車には気を付けて・・・。
 

投稿: ひろ | 2011年5月24日 (火) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 挨拶一つ:

« をのこやも | トップページ | 友ありて »