« 熟年ing | トップページ | フクロウ »

2011年5月 9日 (月)

芝桜

連休の一日、本栖湖の近くまで芝桜を見に行った。

以前、花の盛期を過ぎた頃でかけて悔しい思いをした。

Cimg3823

それで今回はそれを挽回するべく、満を持して出かけたのだ。

天気は晴朗なるも春霞が濃く立ちこめていた。

Cimg3814

その霞が富士宮あたりから薄れ、富士山がくっきりと見えだしていた。

「こりゃ、きっとすばらしい眺めだぞッ」とニンマリしていた。

Cimg3816

のろのろの車列に続いてやっと駐車場へ。

だが、何か変だ。

Cimg3817

・・と見ると、看板が出ていて2分咲きとある。

しかもその看板は少し古ぼけていて、結構以前から出してあるようだ。

Cimg3815

ぞろぞろと70万株を誇るその会場へと歩く。

途中、富士桜が小さな花びらを一杯に広げていたし、

Cimg3820

三つ葉ツツジも富士の灌木の中で艶やかに咲いている。

やがて会場のゲートをくぐり抜けると、眼前に芝桜の絨毯が広がったいる。

Cimg3821

・・と思ったのだが、誰もが・・ムムと拍子抜けの気分である。

確かに花は2割くらい咲いている。

Cimg3822

だけど仮に満開になっても、果たして一面の絨毯になるかどうか。

少しばかり心配になる様相であった。

Cimg3824

ともあれ、一面の絨毯の広がりを想像しながら上を見上げると、

あの富士山の勇姿が「我こそが、花よ!」とばかりに聳えている。

風は涼やかに頬をなで、眼前に一杯の芝桜を連想しつつ富士を見上げる。

Cimg3825

会場の一角でケーキとコーヒーを頂いて帰ってきた。

まあ花は気侭なもので、こちらの都合で咲いてくれる訳でも無かろうて。

|

« 熟年ing | トップページ | フクロウ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芝桜:

« 熟年ing | トップページ | フクロウ »