« ランニング賛歌 | トップページ | よそいき »

2011年5月 4日 (水)

人間の価値

これまで無為徒食してきたのだから、エラソーなことは言えない。

だけど、同じ一生でも人によって随分差があるよなって思う。

Cimg3800

そもそも人間は評価しあって生きている。

それは夫婦でも友人関係でも同じことだ。

Cimg3797

ただその評価の仕方が、先輩・上司・部下・夫婦などと尺度が変わる。

例えば上司や部下なら、仕事が出来るか否かとか、付き合いが良いとかだな。

Cimg3798

ところが人間そのものの評価となると難しい。

温厚だとか怒りっぽいってのは分かり易いが、それも何時か慣れてしまう。

Cimg3799

やはり長く付き合える人には、知性と徳が感じられる。

尋ねられれば、必ずその人なりの見識が帰ってくる。

Cimg3801

そしていつも、なるほどって思えるような身の処し方だな。

そういう人は、恐らく人知れずそれなりの哲学を持っている。

Cimg3796

生まれつき魅力溢れるような天性のキャラクターなんて無いのだ。

魅力を養うには、やはり本を読み文章を書くことだと思う。

Cimg3793

読書は感性を育てるし、想像力だって豊かにしてくれる。

それと人の価値は、行動する意志の存在だ。

そしてその意志は、口元に顕れる。

Cimg3793_2

人は自分の力を出そうとする時唇をキッと結ぶ。

言うなら、口元は知性の表象にもなるのだ。

そうして、自らは花実双美でありたいと思う。

|

« ランニング賛歌 | トップページ | よそいき »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間の価値:

« ランニング賛歌 | トップページ | よそいき »