« 送別の辞 | トップページ | 未来を楽しむ »

2011年6月30日 (木)

自分の為に

「他の誰の為でもない自分の為に生きてみたい」とは元モー娘ゴマキの言葉だ。

そう、あやかる訳でもないが、私も明日から腕時計を外そう。

Cimg4225

旗振りの後は、毎日決まって行くべき勤務所が無くなったからだ。

だから自分の為とは言わないが、自由な時間を謳歌してみよう。

私の学生時代は、巨人・大鵬・目玉焼きの経済成長黎明期だった。

Cimg4178

その後の経済拡大期には、猛烈サラリーマンで過ごした。

朝から晩まで頭の中は仕事だけしかなかった。

その頃は、みい~んなそんな風だったと思う。

Cimg4132

そして世の中は、一気に近代から現代に様変わりしていった。

やがてバブルが目一杯膨らみ、平成2年の春の崩壊となる。

まったく別の時代に突入したのだが、それからもう20年が経過した。

Cimg4125

この間私も人並みに、それなりに四苦八苦しながらも走ってきた。

時の経過を振り返ればそういうことになるのだが、

さてこそこれから悠々自適かと言うと、そうは問屋がおろしそうもない。

Cimg4177

二毛作目へとスタンスはやや変わるが、

気持ちは30代の青年時代とちっとも変っちゃいない。

あの伊能忠敬だって、隠居してから日本中を測量して歩いたのだ。

Cimg4122

新しい出発の為には数か月を費やすだろうか。

そしてその後は、精神寿命が尽きるまで突き進むまでだ。

Cimg4103

結果として、それこそが自分の為だと思っている。

|

« 送別の辞 | トップページ | 未来を楽しむ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の為に:

« 送別の辞 | トップページ | 未来を楽しむ »