« 民主主義のコスト | トップページ | 空の家 »

2011年7月30日 (土)

自画像

画家が自分で自分の顔を描くあの心理を考えている。

顔というのは不思議なもので、自ずと生活や信条がそこに現れてくる。

Cimg3834

或いは自分の経験の深まりが、人の本当の姿を見通すようになるのかもしれない。

ともあれ、画家の様に自分で自分の本当の姿を認識するのは難しい。Cimg4145

とかく人は自分の弱点を隠そうとするし、何かに依存して生きがちなものだ。

それで人は、肩書に拘ったり、車だったりセックスなどに逃げてしまったりもする。Cimg3840

それで自分と言う人間に真正面から向き合える人は少なかろう。

「50才を過ぎたら自分の顔に責任を持て」などと言われる。Cimg4189

さても私は、自分の顔に責任を持てるだろうか。

臆面もなく恥さらしをしているのかも知れない。

Cimg4243

しかし私は猫であってあくまでも虎ではない。

だから虎の顔を求められても困る訳で、猫に徹して生きようと思っている。

Cimg4263

ネズミだって捕るし、時にはフーッと鼻を膨らめて怒ったりもする。

それで自画像だが、三毛猫ではなくて虎猫の顔にしようと思っている。

Cimg4267

そういう自分が少し気に入っている。

|

« 民主主義のコスト | トップページ | 空の家 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自画像:

« 民主主義のコスト | トップページ | 空の家 »