« 自画像 | トップページ | 自衛消防 »

2011年7月31日 (日)

空の家

昨夜は浜松市北区渋川の「空の家」に泊めていただいた。

空の家は、西尾精密の西尾真之会長の作った別荘兼塾だ。

Cimg4423

西尾さんは山奥の廃屋を買い求めて、仲間と語らいつつ過ごす民家を作った。

集落を見下ろす高台に建つその茅葺の建物は、実に落ち着いたたたずまいである。

建物の周りには山菜園や山葵田なども作ってあって、

Cimg4430

西尾さんを訪ねてここに多くの人々がやってくる。

我々も西尾さんを囲んで「物づくり」についてお話を伺おうということだった。

西尾さんが冷温鍛造という技術で多くの特許を得ているし、

Cimg4426

不良品率ゼロの製造業を育ててきたからだ。

しかし西尾さんは、1時間余の講話の中で具体的なことは何一つ語らなかった。

その代わりに、言うならば自分の素朴な人生観を語った。

Cimg4425

生い立ちから企業人としての姿勢、社員とともに歩んだこれまで。

そして自分の人生は素晴らしく幸せだと結んだ。

更にこれからは「おかしくなったこの国と利己的な風潮を糺すことだ」とも言われた。

Cimg4427

終始笑顔でとつとつと言葉少なに語ったのだ。

だから私達は、そのわずかな言葉から多くを想像し考えることが出来た。

私はやはり自分の自画像のこと、そして地に足の付かないこの国のことを思っていた。

Cimg4428

人はやはり面白い。

事業に成功して贅沢の限りを尽くす人もいるが、西尾さんのような人もいる。

Cimg4429

彼の最大の贅沢は、様々な人々が次々と彼のもとに集まってくることだ。

ワイワイと語らう私達を彼は実に楽しげに眺めている。

Cimg4422

どうも、それが彼の人生の果実でもあるかのように。

|

« 自画像 | トップページ | 自衛消防 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空の家:

« 自画像 | トップページ | 自衛消防 »