« なでしこJに続け | トップページ | 広島を走る »

2011年7月24日 (日)

広島の歴史と城

広島を訪れたのはアジア大会直前以来になる。

でも、広島に残された城郭へは今回初めて訪れた。

Dscf2136

もともと広島とは、太田川が河口で6つに分流して流れ、

島状の陸地が広がっていたことに由来する。

その広い砂州を改修して城地としたのが毛利輝元だ。

Dscf2134

秀吉は輝元の築城に際して、朝鮮征伐の後方基地とするため、

黒田如水を派遣して援助したと伝わる。

戦国期の山城と違って、本格的な平城で大阪城がモデルという。

Dscf2131

幾つもの川に囲まれて鯉が多かったのかどうか、

黒っぽい壁が鯉の色と似ていたからかどうか鯉城と呼ばれていたらしい。

Dscf2137

広島カープ(鯉)はこの城の通称に由来する。

ともあれ関ヶ原後、この地を福島正則が支配するようになる。

Dscf2135

ところが1619年、城の無届改修が咎められて改易になってしまう。

その後に浅野氏が入るのだが、幕末には長州征伐の本拠になっている。

Dscf2140

更に下って戦中にはこの城地に広島大本営が置かれた。

結果として、そのために原爆投下の悲劇の地になってしまうのだ。

Dscf2141

広島の地の発展も城から始まり、歴史もこの城を巡って動いてきた。

城の堀端に、あの所得倍増計画の池田隼人の像が巨立していた。

Dscf2142

|

« なでしこJに続け | トップページ | 広島を走る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島の歴史と城:

« なでしこJに続け | トップページ | 広島を走る »