« 観光産業の危機 | トップページ | びゅうお »

2011年7月 3日 (日)

源兵衛川の奇跡

水の都と言われた三島市の街中を流れる川、それが源兵衛川だ。

三島市は富士山の湧水が湧き出すところで、そのいたる所から川が始まっていた。

Cimg4248

源兵衛川は宮様の別邸だった楽寿園の小浜池を起点として南に下っている。

その小浜池と源兵衛川が荒れ果てたのは昭和50年頃からだろうか。

Cimg4249

上手の工業用水のくみ上げで池も川も干上がってしまった。

と同時に浄化能力をなくして清流はドブ川になった。

Cimg4250

そのドブ川の再生に取り組んだのが三島ゆうすい会だ。

企業との幾度とない交渉の末に、一次冷却水を川に戻すことに合意した。

Cimg4257

それから、川の復活活動に拍車がかかる。

Cimg4241

荒れ果てた川は人々の手で清掃され、農業用水路として親水機能を持たせた。

この間、20年余が経過しているが、今では驚くような水辺環境が生まれている。

Cimg4251

渡辺豊博、この企画の一貫した仕掛け人である。

彼は片手にビール、片手にスコップを持って何時も笑っていた。

Cimg4258

そして人々は、彼の情熱と汗に何時の間にか引き込まれていった。

そうして水の都三島が奇跡の様に蘇ったのである。

Cimg4260

今ではNPO法人グランドワーク三島のこの活動を見学に、

Cimg4252

世界中から視察団が訪れるようになった。

一人の人間が人々の心を揺り動かし行動へと駆り立て、

Cimg4253

この30年で明らかに地域の景観も人々の心さえも変えてきた。

これがロマンでなくてなんであろう。

Cimg4254

清流の下には復活した水中花、三島バイカモが咲き誇っていた。

私達はその疎水を歩きながら、人とは何か、地域とは何かと考えていた。

Cimg4256

屁理屈や我儘ではなくて、絶えることの無い情熱と行動なのだ。

それは今日の政治のような、単なる思いつきではない。

Cimg4266

|

« 観光産業の危機 | トップページ | びゅうお »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 自然を壊すことは、簡単の様ですが、
元に戻す努力と時間は、長い年月が、掛りましたね。
 素晴らしい功績を残しましたね。
 汚れていた時の写真も展示したら良い記念館が出来そうです。

投稿: ひろ | 2011年7月 3日 (日) 20時35分

沼津いいとこマラニックの下見の時
柿田川には行きますが、源兵衛川にも寄ってみたくなりました。

投稿: ヒロボー | 2011年7月 8日 (金) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 源兵衛川の奇跡:

« 観光産業の危機 | トップページ | びゅうお »