« この町に犯罪は要らない | トップページ | 運動の真価 »

2011年8月 5日 (金)

子供目線

今日、保育園の子供たちが20人ばかりやってきた。

実は園児の体験農園を引き受けていて、我が家で芋と落花生を育てている。

Cimg4466

その草取りに来たのだ。

とは言え、一通りの草取りはしてあるのでスギナが生えている程度だ。

Cimg4460

でも園児たちはそのスギナを一本残らず取って綺麗にした。

先生の言うことをよく聞いて、子供とは言え人海戦術は素晴らしい。

Cimg4461

「良く出来ましたッ」と言うつもりで、ブドウを四種類食べてもらうことにした。

これがすごい食欲で、アッと言う間に完食である。

それで「僕、未だ一つしか食べてない」などとノタマウのだ。

Cimg4462

どの葡萄が一番おいしかったと聞くと、「青いのッ!」と答える。

水峰と言う品種で食感はあっさりなのだが子供には合うらしい。

ともあれ昼前の一時を子供たちを眺めて過ごした。

Cimg4463

早速喧嘩を始める子、ぼんやりな子、すばしっこい子、こましゃくれた子、

子供の世界も人それぞれなのだ。

この子たちが、これからどんな道筋をたどっていくのかなどと…

Cimg4464

苛められっ子だった自分の子供の頃を思い浮かべていた。

そう、苛められたって良いさ。

その悔しさをちゃあ~んとバネにするならね。

Cimg4465

朝の立哨で、小学一年の女の子が毎朝「グーテン・モルゲン」と挨拶する。

その子の目を見ながら、

「この子の将来はどんなだろう。」と楽しみにしているオジサンなのだ。

だけど子供の目には、オリャ~爺さんなんだろうな~!

  

|

« この町に犯罪は要らない | トップページ | 運動の真価 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供目線:

« この町に犯罪は要らない | トップページ | 運動の真価 »