« 高山病に勝てない | トップページ | 間違いの民主主義 »

2011年8月 8日 (月)

おトクな人生?

私達団塊の世代は、戦中のどん底を経験した訳じゃない。

だけど子供の頃には何もなくって、子供だって貴重な労働力だった。

Dscf2091

遊びだって地面に線を引いて陣取りとか馬飛び、鬼ごっこがせいぜいだった。

学校は物凄いすしづめだったけど、沢山の同級生に恵まれた。

それに就職する頃には高度経済成長の足音が聞こえてきて、

Dscf2186

人で不足の時代に入りつつあった。

私の初任給が33,150円だったけど、確か3~4年で倍になった。

給料だけでなくて、新幹線も東名高速もビルも出来ていった。

Dscf2162

ポンコツだけど車を買って、万博やら伊豆一周なとどと遠出もしたっけ。

中堅になるころには「ジャパン・アズ・ナンバーワン」のこの国があった。

やがて土地バブルの成金が大手を振って歩くようになる。

Dscf2132

そして平成2年、あっけなくバブルははじけ飛んだ。

先ず住専が軒並み倒れ、銀行の破綻へと波及していった。

その過程は米国のリーマン・ブラザーズ破綻以降の流れと瓜二つだ。

Dscf2191

その後は鳴かず飛ばずの失われた20年へと経過してきた。

今は、そんな具合に過去を眺めることが出来る。

戦後の何もない頃から現在までの変化を自分の体で体験してきたのだ。

Dscf2195

それって、かなりおトクな人生じゃなかろうか!

それから、これが肝心なんだけど。

Dscf2201

心の余裕も自由なタップリの時間もほんの少しの金もある。

目の前に、何にでも挑戦できる更におトクな未来が広がっている訳だ。

Dscf2068_2

こりゃ、ジッとしてらんないね。

|

« 高山病に勝てない | トップページ | 間違いの民主主義 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 今夜は、山草人さまの達成感に満ちたコメントに聞こえます。
 足の具合は、如何でしょうか?
ゴール前もかなりキツイ足の痛みが有ったでしょうね。
 素晴らしいです。惚れ惚れします。

 私は、その頃、豊橋豊根間を往復する、豊橋豊根サイクルマラソンを走っていました。
 約160キロを7時間15分でした。
や~日中暑くて熱中症に成りそうでした。
 足とお尻に鞭打ち走りました。
ランニングと違い、かなりの有酸素運動となるせいで、翌日も筋肉痛が起こりません。
 11260キロカロリー消費したとサイクルコンピューターは表示しています。
 有り得ない表示ですが・・・。

 ところで、先日お話した通りに、私は、東北へボランティアに行って来ました。

 場所は、Dさんもい行かれた、岩手県です。
 静岡県被災地ボランティア協会の出すバスに揺られ、静岡から11時間かけて、岩手県遠野市へ行き、遠野市を拠点に沿岸部の陸前高田市と釜石市での作業ボランティアです。

 港周辺の様子を見た時は、テレビで見る大きさではないスケールで被災状況に驚きました。
 そしてあの日の津波の轟音と大勢の人の悲鳴が聞こえる思いがしました。
 こんな港が、各県幾つもある訳ですから大変な事です。

 作業内容は、沿岸部からさほど離れていない、農地からの家財の破片や石、水産加工品の拾い出し作業でした。
 お線香の焚かれる中での作業は、悲しく悔しい思いの涙が眼に滲みました。
 協会の事務局の方から感情移入をしないように言われて、ただ粛々淡々と作業をして来ました。
 今回、直接現地を見て作業支援をしたかったので、それが叶えられ、微力ですが、携われた事を嬉しく思います。

 今回作業して改めて気付いたことですが、一人する作業は、微力です。
募金にしても小額です。
 しかし、大勢の方が行うと復興を支える力と成りうると思いました。
 募金も立派なボランティアと思います。
 まだまだ、復興までの道のりは、気の遠くなる話です。
 釜石市沿岸部は、何も始っていません。陸前高田市は、市事態が壊滅的です。
 両市の沿岸部は、地盤が下がり復興の難しい土地と成っていますが、出来る場所で復興は進んで行くでしょう。
 見守るしか出来ませんが、見守って行きましよう。そして、私達も、いつかは被災する訳ですから小額でも送金して支援しましょう。

投稿: ひろ | 2011年8月 8日 (月) 21時50分

 被災地への応援ボラ、お疲れ様でした。この国に住む一人一人が少しずつ支援するだけで、もっともっと早く立ち直るんでしょうがね。

 残念ながら、この国は「民主主義」と言うものを間違えて導入してしまったようですね。デモクラシーと言うのは、本当は個人の自立とお互いの互助なのです。

 それを勝手放題の自分主義を民主主義にしてしまったのです。政治にも、それが典型的に表れていますね。

 ひろさんの着実な処世とアクティブな行動に敬服しています。人生はね、それでなくっちゃね。
          山草人より

投稿: 山草人 | 2011年8月 8日 (月) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おトクな人生?:

« 高山病に勝てない | トップページ | 間違いの民主主義 »