« 懸命に泣こう! | トップページ | 庄屋の一人息子と遅胡麻 »

2011年8月11日 (木)

人生の今

山の中を一人走っていると、そのことを感じている。

遠い宇宙のかなたから、この地球の上の蟻んこの様な私が見える。

Cimg4471

未来でも過去でもなくて、今ここにいる私が見える。

思えばずう~っと、明日のことを考えて前のめりに走ってきた。

Cimg4472

「後何日」と言う声に期待や恐れを抱きながら、ひたすら駆けてきた。

子供を育てるとか家を守るとか、仕事の責任とか、そんな義務感に追われ続けた。

Cimg4474

今、そんな諸々がスッと掻き消えて、まったく自由な私がここにいる。

やはり同じように前のめりに走ってはいるのだけど、

Cimg4475

今は未来や過去の為に走っていないのだ。

山の緑道はウバメガシのトンネルになっている。

ウバメガシの成長はとてもゆっくりで、だからこそ備長炭の原料になる。

Cimg4476

杉やヒノキの様に見栄えは良くないのだけれど、

私はこのウバメガシにこよなく愛着を寄せている。

それは乾燥した尾根で必死に生きているからだ。

Cimg4477

大木にはなれないけれど、身の内に確かな蓄積をしている樹だからだ。

彼らも今を必死に生きている。

そして私は、今を生きている。

Cimg4478

落ち葉の上に真っ白なキノコが傘を広げている。

微塵の隙もない端正な姿をしている。

そしてその端正な姿は、今のこの瞬間しか保てないのだ。

そう、人生の今を楽しもうではないか。

|

« 懸命に泣こう! | トップページ | 庄屋の一人息子と遅胡麻 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生の今:

« 懸命に泣こう! | トップページ | 庄屋の一人息子と遅胡麻 »