« 運動の真価 | トップページ | おトクな人生? »

2011年8月 7日 (日)

高山病に勝てない

富士山頂往復マラニックの報告をしなければなるまい。

今回のレースは、過去一か月の走り込みなど万端の準備で臨んだ。

Dscf2194

しかし結果は、富士山往復マラニックになってしまった。

昨晩の18時、田子の浦港の突端にある灯台に62名の走力自慢が集まった。

Dscf2197

大阪や東京、和歌山、富山、奈良、福島などからも来ている。

スタートから20km程走ると真っ暗な樹林の中に入っていく。

Dscf2199

その樹林を稲妻が照らし出して豪雨となった。

富士山スカイラインの路面を雨水が音を立てて流れ下っていく。

斜面を流れる水の速さはすごい。

Dscf2200

その雨の中をくしょぬれで重くなったリュクを背負って4合目まで走った。

五合目には目標より少し遅れたが2:51に到着することが出来た。

Dscf2202

十分に完走に手が届く時間だ。

防寒対策で着替えていると、突如激しい吐き気に襲われ始める。

Dscf2204

とても水すら飲めない状態になってしまつた。

止むを得ずレストハウスの扉の陰で休んで様子を見ることにした。

Dscf2205

しかし午前3時の2400m地点である。

さすがに寒さで手も足も震えが止まらない。

Dscf2208

コンクリートの上に丸まって寒さをしのぎ、とうとう7時までここで過ごすことになった。

明るくなると下界は一面の雲海である。

しばらくその下界を眺めていた。Dscf2209

やがて吐き気も和らいで、上に行けなかった代わりに田子の浦まで走ることにした。

五合目を7時に走り始めて、料金所跡には順調に8:45に到着した。

Dscf2211

するとそこには、移動エイドの皆さんが出てくれていて、

懐かしい仲間から「随分早い」とはやし立てられる。

さらに下って浅間神社には12:50に到達したのだが、

それにしても昨夜はこんなに急な上り坂を延延とよくぞ走ったものだと改めて思う。

昨夜は急な上り坂を50kmも駆け上がったのだ。Dscf2212

その下り坂だから爽快に足を運べそうなものだが、そうは問屋が卸さない。

登るよりも下りの方が時間がかかってしまうのだ。

着地のたびに足へのダメージが加わっていく。

とうとう最後は歩く他なかった。

それが「本当に昨夜走った道か」と思うほど遠いのだ。

という訳で15:47にヘロヘロになって灯台にゴールした。Dscf2213

ともあれ山頂には行けなかったが、熱暑の中を100km余走ることが出来たのだ。

とにかく体がガタガタになっているようだ。

|

« 運動の真価 | トップページ | おトクな人生? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

 山草人さま、お疲れ様でした。
凄いですね~。時間を余らしてのゴールではないですか?
 おめでとうございます。

 しかし、よく高山病に耐えましたね。
さらっと書かれていますが、リベンジの意地が感じられます。
 とても凄くて価値あるゴールですね。

投稿: ひろ | 2011年8月 8日 (月) 20時31分

お疲れ様でした!!!ゴールエイドさせていただきました!富士登山+悪天候+高山病・・・過酷な状況に挑まれるモチベーション。尊敬します!

投稿: affinity | 2011年8月 8日 (月) 22時11分

富士山往復・・・おめでとうございます。

今年は・・やるかナと思っておりました。
結構走りこんでいたので・・・

まだ
集計はしておりませんが
完走率は30%~40%ではないかと思っております。

いづれにしても
富士山頂を往復は超厳しい!

でも・・・山草人さん完走して欲しい。

今年で
終わりなんて言わないで
来年は10回記念大会です。
いっしょに走りましょう
完走しましょう。

私も
10回記念大会には走ろうと思っております。絶対に完走します。

投稿: ヒロボー | 2011年8月 8日 (月) 22時31分

私も毎回高山病には悩まされてます。
今年の富士山ほんときっかったんです5合目には4時近く
一歩進むと一歩ずり落ちるそんな状態で登って行きました。スタートで貰ったバッファリンがきいてるのか頭は痛くなかったですがその分全身力が入らず、ロープにしがみついての7.8合目でした9合目はもうはって登り3歩、歩いては休みその繰り返しでしたほんときっかったです。来年は10回挑戦してね。

投稿: うっちゃん | 2011年8月10日 (水) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高山病に勝てない:

« 運動の真価 | トップページ | おトクな人生? »