« 運動会! | トップページ | ポスターコンクール »

2011年9月28日 (水)

秋の響き

子供達の祭り太鼓の練習の音が聞こえてくる。

昨日は、子供会の軒花売りが回ってきた。

Dscf2334

今年も祭りが近いのだと、何故か感じ入る。

今年は3月11日の東日本大震災や福島原発、台風災害など

ずっと災禍が続いてきた。

Dscf2330

それで年来の行事が自粛になったり、節電も含めてずっと萎縮してきた。

だけど私達の生活には、年々歳々その歳時は繰り返されてこそ意味を持つ。

東大寺2月堂のお水取りのように、まつりごとは止めてはならないのだ。

Dscf2309

彼岸にはヒガンバナが咲くように、春には桜が咲くように、

「今年もお祭りが出来て良かったね!」そう言える人生でありたい。

今は歌われないが、「村祭」と言う歌があった。

Dscf2307

♪村の鎮守の神様の今日は楽しい村祭り。チンドンヒャラ・・・今年も豊年満作で♪

祭りの原点は豊作を祝つうことだが、輸入の必要上その豊作を呪う政治が続いてきた。

TPPなどのその農業軽視のつけは、やがて国民の大きな負担となって返ってくるだろう。

Dscf2306

正月には初詣に獅子舞、端午の節句には・・、七夕の短冊、盆の念仏、

秋の祭りに運動会、木枯らしが吹けば大根干、

そうやって私達は年々歳々ずうっ~と時代を経てきた。

Dscf2310

この秋は、そんな思いがひとしお湧いてくる。

|

« 運動会! | トップページ | ポスターコンクール »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の響き:

« 運動会! | トップページ | ポスターコンクール »