« 本当の「官から民へ」 | トップページ | 治安の担い手 »

2011年9月11日 (日)

敬老の行方

今日、私の地区で敬老祭りが行われた。

75才以上の後継者が招待されるのだが、

Cimg4728

昨年までと違って、今年は来賓としての出席となった。

敬老会の歴史は昭和22年に遡るのだが、時代も随分と変わった。

Cimg4729

何しろ75歳以上が人口の20%になろうとする時代である。

儒教の国でなくとも、本来高齢者はそれなりに敬われてしかるべきだ。

Cimg4730

しかるに今日では、ヘロヘロすれば邪魔者扱いされかねない。

人間、一定の社会的使命を終えれば、それで寿命が尽きる訳ではない。

Cimg4731

例えば私の場合、80才半ばまで生きるとしても未だ20年もある。

この20年を毎日充実して生きるには、果たしてどうすれば良いのか?

Cimg4732

今日の敬老祭で老人会長が良いことを言っていた。

一、老人はお互いに親睦を深めること。

Cimg4733

二、家庭円満に尽くすこと。

三、時代を学び、新しい老人になること。

Cimg4734

四、公共のために尽くすこと。

五、そうして尊敬される老人になること。

Cimg4735

はたして、こんな簡単なことですら履行するのは大変なことなのだ。

そんなことを改めて思っていたのだが、

Cimg4738

それにしても、元気で長生きは人生最高の贅沢だな。

私が敬老会に招かれるのは、まだ10年以上先のことだ。

Cimg4737

だが、人生はこの10年で終えると心した方が良さそうだな~。

Cimg4739

|

« 本当の「官から民へ」 | トップページ | 治安の担い手 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敬老の行方:

« 本当の「官から民へ」 | トップページ | 治安の担い手 »