« ポスターコンクール | トップページ | 邪気もなし »

2011年9月30日 (金)

自然の中で

実をいうと私の毎日は、仕事にボランティア、それに園芸などとかなり忙しい。

それでも可能な限り時間を作って、山の尾根道を走ることにしている。

Dscf2358

私のホームコースの尾根道は、ウバメガシに覆われた緑のトンネルになっている。

この緑道を走っていると、気分爽快というか、正に自然と同化して、

Dscf2357

大自然の静脈の中にいるような気がしてくるからだ。

ところが先日の台風15号は、その静脈のあちこちを食い破ってしまった。

Dscf2356

当然ながら道は抉れ、100年来の樫の木も何本かが谷底に落ちてしまった。

それで走路に太陽が燦々と差し込むようになって、

蟻が戸惑うような、どうもそんな違和感を感じている。

Dscf2337

だがそれも、台風の爪痕とは言え自然の摂理の一部なのだ。

私達人間は、巣を崩されても何もできない蟻のように、

Dscf2314

その猛威を眺めている他ない。

3月11日の津波で人生観が変わった人も多いのではないか。

Dscf2313

どんなに高邁なことを言ったとしても、所詮はそれだけでしかないとね。

人間もその大自然の一部であることを忘れていると、

Dscf2305

時々牙をむいて、私達に気付かせるのかも知れない。

この山の傷が癒えるには、数10年の年月を要するだろう。

だが自然は更に繊細で、大きな傷を様々な手法で順次癒していくだろう。

Dscf2304

その新陳代謝を見つめながら、ずう~っと走って行こうと思っている。

私も自然の一部なのだから。

|

« ポスターコンクール | トップページ | 邪気もなし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然の中で:

« ポスターコンクール | トップページ | 邪気もなし »