« 自治創造 | トップページ | 防災と人 »

2011年9月 4日 (日)

心はどこに

仕事からボランティアに比重を移して2ヵ月。

心なしか喜怒哀楽が少なくなったような気がしている。

Cimg4657

仕事とそれに伴うドラマの連続は、やはり大きなウエーブなのだろう。

ところが仕事を辞した今は、

心を入れているつもりでも、所詮はボランティアと言う気持ちがあるのかも知れない。

Cimg4664

ところで喜怒哀楽やときめきは何処で感じるのだろうか。

昔の人は、心は心臓にあると思っていたらしい。

ハートは心臓の印だし、胸に手を当てて反省することだってある。

Cimg4680

更にはマヤ文明では、生贄から心臓を取り出して神に捧げたりした。

それに、緊張すると胸がキュンとしまったりドキドキと鼓動したりもする。

だが敢えて書くまでもないが、もちろん心は脳の働きだ。

Cimg4678

PCのCPUのように神経細胞というチップで出来ているんだろう。

そいつが激しく点滅して、泣いたり笑ったり怒ったりの表現をさせるのだ。

つまり私の場合、そのチップの活性が少し鈍ってきたのじゃなかろうか。

Cimg4675

そもそも人生は四苦八苦であって、その中に稀に喜びがあるものだ。

要するに刺激が欲しかったら、還暦を過ぎても苦労を買ってもしなくてはなるまい。

と言う訳で、苦労の種になる目標を幾つか設定しようと模索し始めている。

Cimg4697

そうして、神様が気まぐれに下さる人生の添え物である喜びを得ようと思っている。

|

« 自治創造 | トップページ | 防災と人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心はどこに:

« 自治創造 | トップページ | 防災と人 »