« 人生の表現 | トップページ | 子供の心 »

2011年10月23日 (日)

本音の福祉

人間の社会も、基本的には弱肉強食なんだろう。

福祉には総論では反対しないけど、具体的に事には与しない。

Cimg4951

それが大方の日本人の態度だろう。

若い人の中には、福祉そのものに異論を持つ人も多い。

Cimg4954

人によって「ハンディキャップ」があるのが当然だろうと言う訳だ。

人は誰でも自分の体温を基準にその温かさを感じる。

Cimg4953

健常者にすれば、不自由な体の人や高齢者のことなど構っていられない。

それは行政機関の仕事だろうと考えている。

Cimg4955

今日は私の街の「ふれあいまつり」があった。

社会福祉協議会や民生委員、保健委員、老人会などの主催する集いだ。

Cimg4957

さても、バザーなどで沢山の人が集まるのは結構だ。

そこにかかわって活動すれば一定の達成感も得られるだろう。

Cimg4958

だが一方で、「これで何が実現できるのだろうか?」とも考えていた。

既に四人に一人が65歳以上の時代に突入している。

Cimg4960

これから誰もが元気な高齢者でいられるとは限らない。

高齢者サロンなどで精一杯元気に切磋琢磨してもらう他ない。

Cimg4961

でもそれとて、支援の手が必要になる。

誰もが、弱者をサポートし合う優しい社会こそが必要なのだ。

Cimg4962

TPPのように、弱者を作り出す政策に与してはなるまい。

建前の福祉など、何の役にも立たないのだ。

Cimg4964

|

« 人生の表現 | トップページ | 子供の心 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本音の福祉:

« 人生の表現 | トップページ | 子供の心 »