« ランニング雑記 | トップページ | 活力の源 »

2011年11月 1日 (火)

上弦の月

爽やかな空気が満ちて、晩秋は物思わせながら過ぎていく。

夜が長くなって、宵の口から上弦の弓張月が登っている。

Cimg5004

もはや11月なのだ。

細くなっていく月には、もの悲しさも漂っている。

今年も残すところ二か月。

Cimg5003

変化に富んだ10か月だったけど、出来ることを十分やったろうか?

余命6か月とされた俳優の入川保則が、

「明日までの命と思って生きろ。永遠に生きると思って学べ!」と語っている。

Cimg5002

その覚悟や気高し。

普通の人間じゃ、明日までの命と思って生きることなど出来ゃしない。

Cimg5001

誰もが、永遠の命と思って生きている。

だけど、その日その日を目一杯生きられたら素晴らしいことだ。

Cimg5000

「犬も歩けば棒に当たる。」

どんな棒に当たるものか、出歩いてみなきゃ分からんもんね。

余命20年?、私も上弦の月かな。

Cimg4982

覚悟して生きなきゃね。

|

« ランニング雑記 | トップページ | 活力の源 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上弦の月:

« ランニング雑記 | トップページ | 活力の源 »