« ダークマター | トップページ | さても震災 »

2011年11月 5日 (土)

大道芸の二十年

25年程前になるだろうか、ミュンヘンの街を歩いていると、

あちこちにギターを抱えた若者を取り囲む輪が出来ていた。

Cimg5090

その薄暗い街路を歩きながら、ドイツは凄いと思ったことがある。

Cimg5091

そして20年前、ある変わり者の市長が大道芸をやろうと言い出した。

Cimg5093

それを受けて立ったのが青年会議所の面々だった。

Cimg5094

直ちに実行委員会を立ち上げて、世界中からパフォーマーを呼び寄せた。

Cimg5097

以来20年、大道芸は静岡市の顔になった。

この大会の4日間に200万人近い観客が訪れるし、主催者も楽しんでいる。

Cimg5084

この大会の一切の運営は実行委員会も含めてボランティアだ。

Cimg5099

この4日間だけでも1600人のボランティアが活躍している。

プロジューサーなどの実行委員は一年中活動しているし、

Cimg5102

そしてそのボラもクラウン(ピエロ)や会場整理、MCなど30のジャンルに分かれている。

Cimg5103

そうして今日、最大のクライマックスを迎えていた。

Cimg5083

80組余のパフォーマーが、街のあちこちで磨きこんだ芸を披露している。

Cimg5104

観客はその会場を渡り歩きながら、晩秋の一日を楽しんでいる。

それにこの大会期間中はともかく、静岡市では普段から地下街などでパフォーマンスが見られるようになった。

Cimg5109

名実共に大道芸の街になった訳で、かつてのミュンヘンをも凌ぐ街になったと思うのだ。

Cimg5110

町興しには4種類の人材が必要だそうだ。

切れ者、馬鹿者、よそ者、そして若者の参画なのだそうだ。

Cimg5111

とお?、 明日は雨だけど出かけてみません?

|

« ダークマター | トップページ | さても震災 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大道芸の二十年:

« ダークマター | トップページ | さても震災 »