« 書くってこと | トップページ | 小笠山トレイルを前に »

2011年11月16日 (水)

幾つもの人生

人生は沢山あった方が良い。

それが元気の源になる。

Cimg5160

最近、そのことを再発見している。

今年7月から職場通いから解放されて、生活が一気に実に多様になった。

Cimg5158

仕事というものは、やはり生活の糧だけにのめり込むし、

何時の間にか自分の生き甲斐になっていたりする。

Cimg5159

だけど「明日から来なくていいですよ」と花束を渡された瞬間から、

職場の人間関係も生き甲斐すらも失くしてしまうのだ。

Cimg5142_2

当然人生の一大転機だが、私の場合幸いにもそれで世界が一気に複線化した。

毎日出かけるところも違うし、会う人も多様になった。

Cimg5096

話す言葉だって、その時々で別の言葉をしゃべっている。

幾つものチャネルが出来て、日々見ている景色が変わるのだ。

Cimg5080

これって、老化を始めたがっている頭脳と心には刺激になる。

フレキシビリティは、正に活力の源たり得るのだ。

Cimg4949

幾つかの自分の世界を持って、それぞれを精一杯生きてやれ。

それが私の生きるってことに繋がるかも知れない。

Cimg4940

それにしても、人生がどんどん面白くなる。

|

« 書くってこと | トップページ | 小笠山トレイルを前に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幾つもの人生:

« 書くってこと | トップページ | 小笠山トレイルを前に »