« 活力の源 | トップページ | ダークマター »

2011年11月 3日 (木)

小笠山試走

11月20日の小笠山トレランを控えて、コースの下検分をした。

私が同行したのは、エコバから小笠山山頂までの8.6kmである。Cimg5027

トレランの1/3の距離に過ぎないが、実は急な登りで一番きつい所だ。

小笠山は、東海道沿線に隣接しいながら開発できなくて残った、

Cimg5032_7

貴重な緑のコロニーだ。

国有林を中心に4,000ha近くの二次林が広がっている。

Cimg5036_3

もともとは大井川の造った扇状地で、北側が隆起して遠州灘に向かって傾斜している。

それで今日走ったのは、

Cimg5037

切り立った北側の崖(ケスタ)に沿った部分でエキサイティングコースと名付けられている。

しこうして、コースの北側は数十メートルの崖なのだ。

Cimg5038

まかり間違って下りを調子に乗って走ると、

崖から真っ逆さまってなことになりかねない。Cimg5039

心配だった台風15号の影響も、

なぎ倒された樹が一部残っている程度でレースには問題ない。Cimg5041

頂上(264m)までゆっくり走って2時間で十分届く。

それにしても、掛川駅のすぐ南側にこれ程の異空間が広がっているのだ。Cimg5043

途中には放置された茶樹が林になっている所もあるが、

コース全体はウバメガシの林に覆われていて、Cimg5044

下界には深山幽谷の向こうに街が見える。

このトレイルは、出来れば四苦八苦して走るんじゃなく、Cimg5045

この自然のダイナミックな造形を楽しみながら走りたい。

トレイルならではの面白さが広がるだろう。Cimg5046

たかだか200m登っただけで、別世界が広がるのだ。

人生も同じだな !Cimg5047

こんなに素晴らしいトレイルは他に無いぞな。

|

« 活力の源 | トップページ | ダークマター »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/53154151

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠山試走:

» 萩田博の小笠山トレイルラン・・・下見、、無断転載! [white-boots-walker]
マラニックの萩田博さんからのメールです。 もうこの元気さには脱帽でございます。あきれて物も言えませぬ!! ではまた元気を分けていただきましょう、オラも負けられないって人は一緒に走りましょう。... [続きを読む]

受信: 2011年11月 4日 (金) 20時01分

« 活力の源 | トップページ | ダークマター »