« ものぐさへの道 | トップページ | 郷土深堀 »

2011年11月25日 (金)

自然と共に

朝、子供達がみんな手袋をしている。

北風が吹いて、これまで見えなかった山々がくっきりと浮かんでいる。

Cimg5321

富士山もうっすらと雪化粧して顔を出している。

何時までも温かだと思っていたら、いつの間にか世間は冬である。

Cimg5322

東日本の震災地にも、今日は雪が降っているだろう。

私達の思惑など関係なく、四季は巡ってくる。

Cimg5312

そしてあの震災とても自然の一現象でしかない。

そうして私達は、自然に中で自然の力を感じながら生きる他ない。

Cimg5325

自然を征服したかのような驕りが福島の原発事故を起こしたのだし、

人口を極度に集積させた日本の都市とて、同様の危うさを内包している。

Cimg5327

その土地の自然に立脚する農業を軽視し、食を甘く考えている日本人。

いつかそのしっぺ返しが来た時には、もう取り返しが付かないだろう。

自然の摂理を無視することでしか成立し得ないTPPなぞ、

Cimg5328

およそこの日本列島には悍ましいことなのだ。

孔子は、不思議なほど良い言葉を残している。

四十にして不惑、五十にして天命を知る。

Cimg5311

六十にして耳順い、そして七十にして従心だと。

自然と共に生きてきたつもりの私も、その従心に年々近づいている。

なあ~に、「心の欲する所に従えども、のりをこえず」ってことさね。

|

« ものぐさへの道 | トップページ | 郷土深堀 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然と共に:

« ものぐさへの道 | トップページ | 郷土深堀 »