« 日立の樹 | トップページ | 松竹梅にうらじろ »

2011年12月31日 (土)

年の瀬に

閉塞感に覆われて不幸の続いた年だったけど、あと数時間で新しいノートに変わる。

でも私個人にとっては、出会いがあり新しい出発があり、かなり恵まれた年だった。

Dscf2918

しかし最大の怒りは、

震災から10か月近く経過して、信号機がつくかつかないかと言う復興の余りの遅さだ。

そして残念だったのは、56歳であのジョブズがこの世を去ったことだ。

stay hangly  stay foolishと、私達に人間として生き様の大切さを語ってくれた。

Dscf2917

イディオムに囚われることなく、自分に愚直に生きる大切さを教えてくれた。

今年の締めくくりはハワイでの数日だったが、

Dscf2912

ハワイで目にした現実も私にとっては鮮烈だった。

パイナップルで栄えた日系移民の街は寂れ、

Dscf2910

移民の成功者として伝えられていた松本さんのお宅も侘しく残っていた。

野生化した鶏の飛び交うハワイにも驚かされた。

Dscf2902

それもそのはず、55年には3万1000haも生産されていたパイナップルは、

今ではその10分の1に過ぎなくなっている。

Dscf2896

サトウキビも相次ぐ製糖業者の撤退でほぼ絶滅してしまった。

その跡には、延延と荒廃した農地(?荒地)が続いていた。

Dscf2880

ハワイの農村地域は、農業の崩壊と共に衰退する他なかったのだ。

私は、ことTPPに関して「愚痴」など言ってきたつもりはない。

Dscf2879

TPPは、農工に係らずこの国に不幸をもたらすと言い続けている。

培われた文化の破壊もさることながら、人々の心を荒廃させる源になる。

TPPに関しては、これから本格的な戦いが始まる。

Dscf2827

もとより私のホビーである農園に何の影響の有る筈もない。

問題は、私のお付き合いしてきて億円近い投資をしてきた企業的農業経営だ。

彼らにとって事の推移は、とてものこと看過できるものではない。

Dscf2805

このブログに理不尽なコメントを寄せる人には、その事実が分かっていない。

農業はホビーではなくて、とてつもない産業なのだ。

先日親しくしているある市長と話をした。

Dscf2804

彼はTPP反対は条件闘争なのかと聞いてきた。

私は即座に「ノン、日本の心を破壊することを補いうる条件などない」と答えた。

これから私に何が出来るか分からないが、とにかく戦い続けるつもりだ。

Dscf2796

そんなこんなで、来年は今年よりも何割か忙しくなる。

エントリーするレースも多くなるし、企画している行事も数多い。

目前の課題に挑戦することを躊躇してはならない。

誰が何と言おうと、私は私の道を行く。

心の奥底から信じた道を行く。

生きているうちはね。

人の足を引っ張って、くた貯めている暇なんてないよね。

とにかくも、お互いに来年を稔り多き年にすることを祈念して !

ハウ ホレ マカヒキホ(迎える新年を祝おう)

|

« 日立の樹 | トップページ | 松竹梅にうらじろ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 そうですね。でも、1億円以上の投資をして2~30haの水田営農をしている人たち、それに畜産経営、皆さん深刻に考えていますよ。

 楽観的な藤代さんのお知恵を、是非ともお貸しくださいな。

             知恵浅き山草人

投稿: 山草人 | 2012年1月 2日 (月) 19時05分

 昨年12月29日のこと「情緒豊かな新年へ(2011年12月17日)」にコメントしてから、ひと月が経ちます。その時に「優しいウォッチャの立場」に立つと申し上げた。その立場で、一ヶ月まとめてコメントします。
 六点を取り上げたいと考えます。重要と考える順に記していきます。

 一点目は、1月21日のぶたこさんコメントです。全く秀逸でぶたこさんに脱帽です。
 「風は南から(1月15日)」とその前後のブログに、ぶたこさんがコメントしたものですが、穏やかに100kmマラソンに参加する姿が目に浮かび、楽しくも頼もしく感じました。4~5km/hrで一日1時間程度のスロージョギングしかしていない私でも、参加できるような錯覚に囚われてしまいます。ぶたこさん! 楽しいコメントをありがとうございました。

 二点目は、「冤罪の構図(2011年12月 4日)」に関するその後です。
 このブログ紹介に関し私は、山草人さんに大変に感謝しています。
 そして私は可能な協力をする考えであると、ブログ「冤罪の構図」でコメント(12月6日)させて頂いたところです。
 その後、会代表の榊原さんによるご努力で、年末にホームページが開設されました。
 http://kitagawashien.hamazo.tv/
 開設後の維持が大変なのものですが、ホームページにキッチリと最近の活動報告も掲載されています。
 私もホームページの「届いた声」に転載される光栄に浴しています。
 ということで、皆様にも是非、ご覧頂きたいと願っております。

 三点目は、昨日の「第二の青春」です。
 「来月中旬に、この地域(2万人)の社会福祉協議会を発足させる。もとより金はないから、マンパワーを育てることから始めようと思っている。」は素晴しいです。立ち上げるだけでも、皆様のその覚悟に拍手喝采します。
 色々と困難はあると思いますが、仲間と共に一歩一歩前進していくことを心より祈念しています。
 また今後、その経過情報がブログに掲載されることを願っています。皆の先例となり励みになるでしょう。

 四点目は、「統計の嘘と農業(1月25日)」に関してです。
 「今年の夏、米国加州のタムニラ&アンテル農場を訪問して、TPPでビジネスチャンス到来と意気込む彼らの本音も聞きたい。」とありました。次の五点目にコメントしますが、山草人さんは専業農家の当事者ということですから、当事者による実情調査の結果が期待できます。このような問題は、やはり当事者同士のガチンコ議論が欠かせないと考えます。是非とも実現してブログに掲載して欲しいものです。

 五点目は、ここでコメントしているこのブログに関してです。
 「問題は、私のお付き合いしてきて億円近い投資をしてきた企業的農業経営だ。彼らにとって事の推移は、とてものこと看過できるものではない。」は、山草人さんが当事者である根拠を示したものと理解しました。しかし、再度読んでみると色々な解釈ができて実体を理解できません。カッコを加えて私なりに考えてみました。
 例えば、極端な例として「私の(投資に関する具体的な提案・構想を)お付き合い(で、実行)してきて(9)億円近い投資をしてきた企業的農業経営者だ。(私も当然そこに投資してきた。)」と考えることもできます。
 逆の極端な例では、「(自分が勤務していた時代に)私の(一般的な経営論を講演したところ)お付き合い(で、起業)してきて(1)億円近い投資をしてきた企業的農業経営者だ。(講演しただけであるが私にも責任がある。)」とも考えられます。
 前者では、立派な当事者です。しかし後者であるなら、この程度で責任を感じる立派な方と理解できますが、当事者とは言えないでしょう。
 TPPを理解しようとしているが農業に疎い私共にとって、農業が抱える現実諸問題の詳しい情報が欲しいのです。その意味で当事者のお話は貴重です。その確認のためにも、山草人さんが当事者であることを示す誤解を生まないご説明が欲しいのです。ついでの時にでもブログでご説明頂けると幸いです。

 六点目は、「命を生きる(1月12日)」に関してです。
 「例えブログでも、人の座敷に踏み込んで履歴や事績を疑うような非礼はすまい。」ということですが、誰からのコメントを指しているか分かりません。
 私が「百姓のチカラ(12月5日)」に対しての「コメント(12月20日)」を指しているようにも思えます。それは私でしょうか? ご回答ください。当っていたら自分なりに釈明・説明したいと考えます。

投稿: 米山 | 2012年1月29日 (日) 09時34分

久しぶりのコメント、有難うございます。

 随分長文で頂きましたが、2点だけコメントさせていただきます。

 一つはTPPの当事者云々のお話ですが、私は一人の国民として反対しなければならないと考えています。TPPはこの国の為にならないからです。米山さんもどういう立場かは別にして、立派な当事者ではありませんか?

2点目は、釈明云々の話です。私はブログについて守るべき流布されているルールを書いただけですので、左様なことは一切無用の事です。
 ただ最近、単に茶化す為のコメントがあり(放置すべきでないとの声が多くあって)、これは削除しております。

 今後とも、よろしくお願いします。
              山草人


投稿: 山草人 | 2012年1月30日 (月) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年の瀬に:

« 日立の樹 | トップページ | 松竹梅にうらじろ »