« 東山三十六峰へ | トップページ | 大原の里 »

2011年12月12日 (月)

大原の宝泉院

腹の足しがあれば、心の足しがあっても良かろう。

それは読書であったり絵画であったりもする。

Cimg5511

そして古刹を訪ねて物思うのも結構な心の足しになる。

京都大原の宝泉院の住職の言葉の中に、

Cimg5490

「眠られない人に夜は長く、疲れた者には道遠い」とあった。

確かにその通りで、見る目聞く耳を持たない人には馬耳東風でしかない。

Cimg5491

仏教を学問から宗教にしたその要素に声明というものがある。

最澄の弟子円仁がその体系を創始した。

Cimg5492

音楽は人を感動させる、そしてその音楽を宗教の荘厳さに注入したのだ。

洛北は大原の奥まった所に「音無しの滝」がある。

Cimg5493

円仁の声明が滝の音を消してしまったと伝わる。

ともあれ宝泉院である。

Cimg5494

樹齢600年の五葉松が凛としてそびえ、額縁庭園からの庭が美しい。

寺の天上には、かつての伏見城の材が使われている。

Cimg5495

関ヶ原の合戦を前にして、石田光成が伏見城を攻める。

その伏見城を家康の命で鳥居元忠らが守っていた。

Cimg5496

その元忠ら数百名が自刃した場所の材を天井にしたのだという。

一見何の変哲もない天井に見えるが、

Cimg5497

血塗られた材だと思えばまた趣向は変わって来る。

想像を巡らせば、1599年の歴史の転換点にタイムスリップだって出来るのだ。

Cimg5499

声明の里を訪れてみれば、

「この寺の 竹の枝間を うちこして 吹き来る風の 音の清さよ」であった。

Cimg5498

|

« 東山三十六峰へ | トップページ | 大原の里 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大原の宝泉院:

« 東山三十六峰へ | トップページ | 大原の里 »