« バイマー・ヤンジンさんに学ぶ | トップページ | 近所衆 »

2011年12月 8日 (木)

人と人

この世で最も面白いのが人だし、厄介なのも人だ。

それで誰もが、その自分を分かってくれる人を求めて右往左往している。

Cimg5416

だけど大抵の人間ってやつは、結構立派な仮面を被っていて、

中々本当のところが見えてこないものだ。

Cimg5418

立場や利害なんてのもあって、

そんなこんなでこの地球のいざこざは太古以来頻発している。

Cimg5419

ともあれ、お・も・し・ろ・人立「 めだかの学校 」について書こうとしている。

来年6月で、このサロンの創立20周年を迎える。

Cimg5420

かなり広域から様々な人が集まってきて交流する、このメダカの学校。

私がこの学校に通うようになって、もう15年になるだろうか。

メダカ生の新陳代謝は勿論あるのだが、それでも全体に高年齢になってきた。

長年顔を合わせ来てたのだが、中々肝胆相照らすとまではいかない。

Cimg5422

三ヵ月に一度の会合では、「誰が先生か!」で入れ代わり立ち代わり講義する。

そのお話を伺って、「ああ、この人はこんな人だったのか」とやっと少し分かる。

Cimg5423

その後のグループ懇談もあるのだが、大勢の中で思うに任せない。

所詮人は、一人で生きて一人で死んでいく。

Cimg5424

そもそもが孤独な存在なのだろう。

だから人と人が結びつくには、清水の舞台から飛び降りるような、

Cimg5417

どこかに決断が必要なのかも知れない。

とは言えメダカの学校は、そんな人と人の修業の場でもある。

Cimg5414

事実、私もここで多くのことを学び知己を得てきた。

メダカの学校には、給食当番の制度がある。

Cimg5413

学校の始まる3時間くらい前から当番の仕事が始まる。

魚を焼いたり芋を擦りおろしたり、ご飯を炊いたり盛り付けたり全部やる。

Cimg5411

実は、人の付き合いは給食当番の様な共同作業から始まる。

不思議なもので、対話や会話ではないのだ。

Cimg5412

私は今回、芋すりに焼き芋をしながらお付き合いさせて頂いた。

それにね、共同作業は楽しいわね !。

|

« バイマー・ヤンジンさんに学ぶ | トップページ | 近所衆 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人と人:

« バイマー・ヤンジンさんに学ぶ | トップページ | 近所衆 »