« この国の行方 | トップページ | 衆愚の流れ »

2012年1月18日 (水)

時を満たす

自分の持ち時間を、どのように生かすのかを考えている。

松が取れたら、賀状を出した何人かの奥様から礼状があった。

Dscf2308

存じ上げなかったのに、昨年末に亡くなったなどと言う内容だ。

「えっ、あの人が!」との驚きや「もう、歳だったからな~」などと思いは複雑である。

悲しみよりも、故人の勇躍としていた頃を思い出す。

Dscf2311

どんなに元気な人だって、何時かは無機物になっていく。

だから、改めて自分の時間を見つめてみている。

限りある命だし、生きている時こそが肝心だとの再認識だ。

Dscf2447

やはり時間をケチるんじゃなくて、たっぷりと大切に使いたい。

その対象には、真正面向かって命を燃焼させることだ。

だけどこの日本に、満ち足りた時間を満喫している人がどの位いるだろうか。

Dscf2493

大抵は、時間泥棒に追われているか、

はた又時間を持て余しているのではなかろうか?

満ち足りた時間を得るのは、そんなにた易いことではない。

Dscf2494

私にとってそれは、親しい人との談笑の時間、

それに自然の中を夢中で走っている時かな。

葡萄や野菜を愛でる一時も不思議な時間だ。

Dscf2499

知らない土地に出かけてあちこち探索するのも時間を忘れてしまうな。

人間、遊びせんとや生まれけん。

Dscf2501

何事にも挑戦して、そして目的に向かって夢中で遊ぶべきなのだ。

時には、そんな些細なことに命を懸けたって良い。

腹を満たすのは容易な時代だけど、時を満たすのは心しなければ難しい。

Dscf2502

そう!、だからこそ心して時を満たすのだ。

あなたの時は、十分満ち足りてますか?

|

« この国の行方 | トップページ | 衆愚の流れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時を満たす:

« この国の行方 | トップページ | 衆愚の流れ »