« 長尺たらん | トップページ | 人と環境 »

2012年1月 6日 (金)

寒の入り

今朝は、寒の入りらしく凛と冷えた。

2月の3日まで、暦の上では寒い日が続くことになる。

Cimg5644

その寒さの中で、今日から一斉に学校が始まった。

それで私も、朝の立哨の始まりである。

Cimg5643

子供達は寒さにめげずに元気だ。

「寒い!」なんて言う子は一人もいない。

Cimg5642

私の子供の頃は、皆を待つ間馬乗りなんてして寒さをしのいだっけ。

着るものも粗末だったけど、やっぱり寒さの思い出は無いな。

Cimg5641

体を動かしゃ、すぐに暖かくなったからね。

今の子供達は、そんな荒っぽいことはしない。

Cimg5639

整然と元気に学校に向かう。

彼らを見ていると、何時もメダカの群れを連想してしまう。

Cimg5638

そのメダカの六年生は、体も大きくなってもうすぐ卒業していく。

そして私は今、彼らを見送る役割をしている。

時代はてんでっこに巡っていて、私がいなくなれば又誰かがそれをやるだろう。

Cimg5637

この子供達の中から、きっとそんな人が出てくるだろうと思う。

今年は寒波が幾分強いと言う。

それにも増して増税に値上げ、貧困な政治による寒波が強まりそうだ。

Cimg5636

それでも私達は、その寒風に耐えて「みんなの幸せ」を創らなくっちゃならない。

|

« 長尺たらん | トップページ | 人と環境 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ひと頃の成長期とは、違いますね。
昔は、貧しくとも皆が、貧しく、また、お金のあるものが、少しお金のある家が、助けてくれた時代でもあった様に思います。
 ただただ、アメリカ型の競争主義だけを取り入れては、行けないと思います。
 アメリカは、宗教を通して貧困層に手厚い、愛があります。

 日本の宗教は、葬式仏教となり、ただの金のむしんの金持ちでしか無い。見苦しい。
 なんの役にも立たない。
近所の寺でも、高級車を乗り回します。
 寺の修繕は、檀家任せで、自ら金は、出さない。
そんなな宗教団体から税金を始めるべきだと思う。
 どう思いますか?藤原様は?・・・。

投稿: ひろ | 2012年1月 6日 (金) 21時31分

 失礼、ふじしろ様でした。
大変申し訳ありません。

投稿: ひろ | 2012年1月 6日 (金) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒の入り:

« 長尺たらん | トップページ | 人と環境 »