« ひまわり幼稚園へ | トップページ | 一陽来復 »

2012年2月16日 (木)

第二部の輝き

セカンドステージとか余生とか、老後などと色々な見方がある。

いやなに、定年退職後の生き方である。

Cimg5880

60台前半で「老後」とか「余生」じゃ、如何にも若すぎる。

第二の人生と言うほど、生まれ変わる訳でもない。

Cimg5885

主演は同じだけど、舞台装置も景色も登場人物もガラッと変わる。

勿論、筋書だって随分違っている。

Cimg5882

それが人生の第二部ではないか。

私は、その第二部を書き始めたばかりだ。

Cimg5881

そして、その物語を如何に読み応えのあるものに出来るかを考えている。

ライフスタイルなどどうでも良いんだが、少しはカッコ良い方が望ましい。

カッコ良くするには三つの秘訣があるらしい。

Cimg5879

一つは、会合に誘われたら断らない。

二つ目は、自分で会合を作ること。

三つ目が、とにかく恋をすることだそうな。

Cimg5876

二つ目までは、今のところ70点位で合格だろうか。

問題は三つ目だが、確かに新しい物語にはラブトーンが欲しい。

物語自体が色彩を帯びて艶々しくなるではないか。

Cimg5875

しかし、こればっかりは相手が必要になるのだが、

これは必ずしも人間でなくても良いらしい。

ペットでも夢中になれる物でも、とにかく恋が出来れは良いのだ。

Cimg5874

ならば、まあ~この第二部も何とかなりそうである。

とにかく難しく言うと、主体性を持って生活しろってことだ。

右往左往するんじゃなくって、「おりゃ、この道を行く」って生き方さね。

Cimg5873

さても、この第二部をどう書き進めたものか?

 

|

« ひまわり幼稚園へ | トップページ | 一陽来復 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第二部の輝き:

« ひまわり幼稚園へ | トップページ | 一陽来復 »