« 春の曙 | トップページ | 遠州三山遠足 »

2012年3月19日 (月)

これからの時代に

平成8年生まれの子供たち、192名の卒業である。

半分大人の顔をしているけど、未だ15歳だ。

Cimg6099

彼らのこれからには、膨大な未来が待っている。

ただその未来は、必ずしもかつての「坂の上の雲」の様な一本道ではなくって、

幾つもの未開の道を探していく未来かも知れない。

21世紀はITに支えられたバラ色の世紀と思われていた。Cimg6091

だけど中東などでは依然として人が殺し合っているし、

リーマンショックや放漫国債発行によるユーロ危機、Cimg6107

はたまた繰り返し襲う災害などと、人間の世界は常に波乱に満ちている。

彼らの身にも、それらの試練は繰り返し押し寄せるだろう。

だからと言って恐れることはない。Cimg6106

常に自分欠けているものを補う努力を続けることだ。

そして自分が描く他ない自分の人生を豊かにすることだ。Cimg6109

人生ってのは、その人生観によって随分と違ってくるはずだ。

だから人生観を養うために学び、日々努力するんだ。Cimg6103

時代がどんなに過酷だって、人生にゃ楽しいことだって一杯ある。

団塊の俺たちゃ結構恵まれた時代を生きてきたけど、

それだって波瀾万丈の連続だったよ。Cimg6104_2

君たちの作る未来にだって、谷があれば必ず山がある。

その谷で、そしてその山で一人一人がどんな働きをしているか。

精一杯命を燃焼させることだ。Cimg6100

もう年代物の仲間になった私だって、そうしているんだから!

|

« 春の曙 | トップページ | 遠州三山遠足 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これからの時代に:

« 春の曙 | トップページ | 遠州三山遠足 »