« 自己表現 | トップページ | アバウト »

2012年3月11日 (日)

震災に備えて

あの東日本大震災からもう一年になる。

それなのに、いまだに34万人もの人々が避難生活を余儀なくされている。

Cimg6050

震災瓦礫を含めて、あちこちに地獄はここだと言う惨状を残しているのだ。

被害が広域だと言うことを考えても、

あまりに・・、あまりにも復旧復興が遅すぎる。

Cimg6042

私の住む地域は、海抜2m前後に広がる沖積平野だ。

土盛りの7mの防潮堤があるが、果たして耐えられるものかどうか?

それで今日は耐震水門の閉鎖訓練に続いて、

震災と同時刻に防災講演会を開催した。

Cimg6044

津波に備える水門は立派なものだが、建設から30年近く経過している。

おそらく第四次被害想定では、この水門をも乗り越えるかもしれない。

耐震水門自体の信頼性も問われかねなくなっているのだ。

Cimg6053

ともあれ、その緊急閉鎖にも多くの人々が立ち会った。

そして午後からの防災講演には、4百人近くの人々が集まってきた。

Cimg6056

講師は、長くSBSアナとして防災を担当してきた郷隆志さんだ。

郷さんには、「あなたでなければ」と無理を通してお願いをした。

Cimg6057

映像とコンピュータを駆使した講演は、実に分かり易く、

災害と言うものへの私達の対処の仕方を分からせてくれた。

Cimg6059

防災は人頼みじゃ駄目だってことだ。

一人一人が自助・共助をすることで生き延びることが出来る。

東海地震など四連動ともなれば、被害は日本列島の過半に及ぶ。

Cimg6060

道路も港湾も被災して、公助は少なくとも10日位は当てにはならないかも知れない。

局所災害じゃないから、全国からの救援も期待できないだろう。

最後は自分達の地域は自分たちで守るしかない。

Cimg6061

そのための備えが、私達に出来ているだろうか?

そんな反省を改めてさせられることになった。

それにしても、4連動地震が起こったら、

この日本は当分立ち直れないだろうな~!

|

« 自己表現 | トップページ | アバウト »

地方自治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 震災に備えて:

« 自己表現 | トップページ | アバウト »