« 接阻峡へ | トップページ | 空回り »

2012年5月13日 (日)

大井川新緑マラニック

接阻峡の民宿でのAM4時過ぎ、ガサゴソとマラニックの準備が始まる。

この大井川最北部の接阻峡から寸又峡を経由して川根温泉まで、

Cimg6679

山里を延々と60km走るのだ。

スタート時間の6時には、雲一つない青空が広がっている。

Cimg6680

それに大井川の川面には、新緑の黄緑が溶け込んで淡く光っている。

寒くもなく暑くもない五月の薫風に向かって走り始める。

長島ダムを過ぎると、右折して寸又峡に向かう。Cimg6683

この寸又峡往復は18kmに過ぎないのだが、大きな山越えがあってかなりしんどい。

しかし私に限ってはかなり順調であった。

寸又峡は古くからの温泉場なんだが、ご多分に漏れず入れ込み客の減少が顕著だ。Cimg6686

泉質は重炭酸ナトリュームでヌルヌルと天下一品の温泉だ。

しかし、かつての湯治人口は減る一方のようだ。

日曜の朝だと言うのに、宿泊客の姿は疎らでしかない。Cimg6688

昨秋には、あの金喜郎事件のあった最大の旅館が廃業を発表している。

かくも温泉地は苦境下にあるのだ。

寸又峡の奥座敷には「夢のつり橋」があって、ブルーのダム湖と共に素晴らしい景観だ。Cimg6689

ともあれ、その吊り橋を渡りきった尾崎坂展望台に8:16に到着した。

かなり速いペースと言うべきだろう。

私の今回のマラニックは、来週の八ヶ岳野辺山100kの足慣らしだ。Cimg6694

でもまあ、走れるだけ走ろうとしている。

大井川鉄道終着千頭駅には10;51に着いたのだが、既に一人旅になっている。

この一年間の私の基礎体力の向上は顕著だ。Cimg6695

昨年はよほど苦しかった寸又峡への往復も難なくこなして、なおかつ快調だ。

駅では天麩羅そばとビールでしばらく後続を待ったのだが、

待ちきれなくなって、再び一人旅を始めた。Cimg6698

途中ボランティアのKさんが路肩に車を止めて待っていてくれた。

「久しぶりですね」と言うと、「あら、少し痩せた? 何だか小さくなったみたい」と言う。

うぅ~ん、毎週のように長距離を走ってるんだから痩せてもおかしくはない。Cimg6696

しかし体重は55kg、体はすこぶる快調である。

さらに50k地点で思わぬ出迎えがあった。

茶娘2人(一人は?)と出迎えランのKさんである。

Cimg6697

そこで泡の出る気付け薬を戴いて、最後の10kを走ることになった。

ともかく幾つかのつり橋を渡って、川根温泉への到着は14:24であった。

60kmの山道を8時間半で走ったことになる。

Cimg6701

その後はゆっくと温泉に浸かって、皆さんとの懇談となった。

「あぁ~、今日も一日が終わってしまう。」とため息を゜つく気分だ。

|

« 接阻峡へ | トップページ | 空回り »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

予想通り・・・ぶっちぎりのタイム
何も言うことありません。
大井川新緑マラニックの60kmはアップダウンの続く、かなりシンドイコースにもかかわらず、スゴイと言うしかない。

来週の野辺山はもう予想できません。

投稿: ヒロボー | 2012年5月13日 (日) 20時57分

2日間お世話になり、ありがとうございました。

笑顔あふれる素敵な写真がいっぱいですね。モデルが良いからかしら(笑)いやいや、カメラマンさんの腕がいいのでしょうね。皆さん、ほんとに素敵!楽しいときってこんな顔になるんですね♪

投稿: みど | 2012年5月14日 (月) 12時50分

大井川新緑マラニックお疲れさま先週の長旅の疲れも見せず、ぶっちぎりトップでゴールするなんて凄すぎですそのパワー私にも分けてください来週の野辺山記録更新間違いないですよ私は山草人さんの足跡探しながらいきます

投稿: うっちゃん | 2012年5月14日 (月) 16時19分

みどりさんへ
 お陰て二日間をたっぷり楽しませて頂きました。感謝、感謝

 皆さんが愉快に過ごせたのは、みどりさんの功績も大きかったですよね。

 またどこかでご一緒させてくださいね。今後ともよろしくお願いします。
              山草人


 うっちゃんへ
 うっちゃんたちの突然の登場は大きなハプニングでした。それにしても、夜勤明けに駈け付けてくれるなんてね~。とても真似ができないな。
 お陰て来週の足慣らしが出来ました。足跡なんて言わずに、是非一緒に走りましょう。
               山草人

 

投稿: 山草人 | 2012年5月14日 (月) 17時45分

失礼なことを言ってしまいました。「引き締まった。」とか「研ぎ澄まされた。」と言えればと思いますが、そうでない感じもしたので、ついつい言ってしまいました。訂正させていただきます。マラソンは素人ですのでよくわかりませんが、以前の山荘人さんの走り方は力強い走りだと思いました。風を切って風に向かってドドット走っている感じでした、今回は、風と共に又は風をかわして静かに流れるように走っている感じを受けました。自然と一体になっている感じでした。以前のように走りに力強さが感じられなかったので、つい、「小さくなった」と言ってしまったと思います。拙い文章で言いたいことの10%も表現できません。またまた失礼なことを書いてしまったかもしれません。その時は、お許しください。野辺山では、71km地点で応援してます。風のように駆け抜けて行ってください。

投稿: ボランティア k | 2012年5月15日 (火) 22時23分

ボランテイア、何時もありがとうございます。なにも恩返しが出来なくって、申し訳なく思っています。

 「風と共に」ですか! ゴーン ウイズ ザ ウインド・・・・私もその境地に近づきましたかね?

 ともあれ、野辺山では力強い走りをしたいと思っています。71kで探しますからね。

 多分13:30頃に通過する予定です。
                 山草人

投稿: 山草人 | 2012年5月16日 (水) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大井川新緑マラニック:

« 接阻峡へ | トップページ | 空回り »