« 野辺山へ | トップページ | 高原の春 »

2012年5月20日 (日)

ウルトラを制す

八ヶ岳野辺山100k大会はウルトラ中のウルトラだ。

標高差の大きさに加えてアップダウンの続くハードなコースである。

Cimg6745
それで「野辺山を制す者は、ウルトラを制す」と言われる。

ともかく、そのタフなコースに16年間も挑戦してきた。

Cimg6746

ウルトラの朝は早い。

午前3時には朝食、4時には会場に向かう。

Cimg6749

着替えをして荷物を預けスタートラインに並ぶ。

このレースては、先頭に並ぶのはデカフォレストと決まっている。

Cimg6750

私もその先頭からスターした一人だ。

傍らでは山梨学園大学のチアリーダーがエールを送っている。

Cimg6753

朝5時、朝霧の立ち込める中を一斉にスタートする。

牧場の牛たちが、何事が起こったかと駆け集まってきて、ランナーの群れを見物している。

Cimg6758

ランナーの群れは、野辺山近くを一周して八ヶ岳に向かって駆け上っていく。

やがて朝靄が晴れ、忽然と八ヶ岳連山が姿を現す。

Cimg6759

朝の早い鳥たちの囀りのほかは、ランナーの靴音が響いている。

唐松の若緑や白樺の林の中をひたすら足を運ぶ。

Cimg6760

標高1908mが最高地点で、その後はずっと下っていく。

50k地点で5時間30分、私にすればかなり速いペースだ。

Cimg6763

60k過ぎからは、馬越峠に向かって再び登りが20k余も続く。

疲れた足にはかなり辛い登りで、多くのランナーが歩いている。

Cimg6764

頂上には15:00に到着した。

山頂からは裾野の畑に敷き詰められた白マルチが輝いている。

Cimg6765

その坂を駆け下りて、多くの人たちが声援を送っているゴールに17::35飛び込んだ。

走り終わってしまえば、あの苦しさも一瞬の出来事だったような気がする。

Cimg6768

走り過ぎた月日と同じように!

|

« 野辺山へ | トップページ | 高原の春 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今日の八ヶ岳野辺山ウルトラマラソンほんと初参加の私には阿蘇カルデラより、小豆島・寒霞渓より、チャレンジ富士五湖よりも大変やはり野辺山を制するものウルトラを制すって凄いそんな大会に山草人さんは16回私は1回でめげそうですあの坂もみんな走ったんだね私後半ほとんど歩きでしたまた小笠山練習に行くからよろしくね。

投稿: うっちゃん | 2012年5月20日 (日) 22時38分

完走・・・おめでとうございます。

そして、すばらしいタイム
17:35ゴールとは、10時間35分でしょうか? それにしても凄い!

お疲れ様でした。

投稿: ヒロボー | 2012年5月20日 (日) 22時50分

山草人さま、完走おめでとうございます!年齢には関係ないほどの素晴らしいタイムでゴールされたんですね過去に山草人と競っていた記録が今では懐かしいです。私にもそんなパワーを分けて下さい。お疲れ様でした〜。ゆっくり休んでくださいね…あっ、又すぐにウルトラですね

投稿: よっぴー | 2012年5月20日 (日) 22時57分

完走おめでとうございます!!
そしてお疲れ様でした。
やはり凄い大会なんですね、あのうっちゃんが歩いたんですか・
皆さんのコメントを見ていると想像がつかないくらいの成績なんだと感じ改めて尊敬いたします。

投稿: かわい | 2012年5月20日 (日) 23時48分

 凄いな~。
速いですね~。
その力分けて頂きたい。
日頃の鍛錬賜物ですね。
それを続ける力は更に凄いです。
お疲れ様でした。

投稿: ひろ | 2012年5月21日 (月) 08時07分

野辺山では、いろいろお世話になりました。
デカフォレストの凄さを、初めてコースを走って実感できました。
わたしは、制限時間ギリギリでしたが
それほどの後遺症もなく、ウルトラを走るのも少し自信がついてきました。

それにしても、100キロ走ったあともブログ更新頑張ってましたね。私は、パソコンなかったのでipadで簡単に済ませるしかなかったです。

投稿: とっちー | 2012年5月21日 (月) 23時19分

山草人さま。
今年も野辺山お世話になりました。
まだまだ絶好調が続いてますね!
次回、隠岐もがんばってくださ~い。

投稿: あだち。 | 2012年5月21日 (月) 23時48分

うっちゃんへ
 やっぱり、うっちゃんは凄いよ。あの茶娘姿で、私ももう少しで追い着かれるところだった。でも今回は、楽しい仲間と共にあの難路を走ることが出来て良かったな。

 もう懲りたなんて言わないで、来年も挑戦しましょう。


あだちさんへ
 北相木への擦れ違いで、かなりの余裕を感じました。ブログの熊野レポートとはかなり違った余裕だったね。
 名字が変わったのも、そのエレメントの一つだったのかな。
 ともかく、余裕の完走おめでとうございました。


とっちーさんへ
 行き帰り、まったくお疲れ様でした。お陰て楽をさせてもらって、申し訳なく思っています。
 宮古以来お世話になりっぱなしですね。この夏、出来れば奥様ともどもブドウを食べに来て下さいな。


ひろさんへ
 応援をありがとう。野辺山に届きましたよ。ひろさんとも不思議な縁だし、人間って面白いなって、いつも思っています。今度は何処で会えるかな?


かわいさんへ
 大したことはありません。私ですら完走するんですからね。
 この大会は私の初完走のウルトラで、あの時のゴールは真っ暗な中でしたが、涙のブラインドで前が見えませんでした。ゴールは、制限時間の8秒前でした。


よっぴーさんへ
 何年か前のゴールタイムを見せていただきました。過去の記録を保存してるんだね!それにね、若かったとはいえ、私も頑張ってたんだな。あの野辺山を11時間台で走ったとは信じられません。・・・もう、無理だろうなぁ。
 
 

 

投稿: 山草人 | 2012年5月22日 (火) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラを制す:

« 野辺山へ | トップページ | 高原の春 »