« 船酔いから脱出して | トップページ | 父島周遊一 »

2012年5月 3日 (木)

母島へ

父島からははじま丸で2時間。20k㎡、人口450人の島だ。

朝7:30、低気圧の影響で波浪が高く、又しても船酔いが心配。

Dscf3156

それで迷っていたSさん、とうとう乗船間際にキャンセルしてしまった。

だがもちろん私達は猪突猛進である。

Dscf3157

その覚悟ににもかかわらず、船は思いの他スムーズで快適なまま沖港に入る。

母島は、父島が出来てから後の海底火山の噴火で出来た島だ。

Dscf3160

9:50沖港に到着。

10;00には最南端の南岬に向けて走り始める。

Dscf3161

往復で17kmほどに過ぎないが、道は登るか下るかのどちらかで、

思いの他しんどい行程である。

Dscf3162

沿道にはハイビスカスが咲き、固有種のオトメカタマイマイが這っている。

そう、母島にはカラスバトやハハジマメグロ、オガサワラゼミなどが多い。

Dscf3163

約一時間で北緯27度、都道最南端に達する。

そこからが問題で、2.5km余のぬかるみの道が続いていた。

Dscf3165

タコノキやヤシ類が生い茂る亜熱帯林が延々と続くのだ。

その木の根とぬかるみに気を取られて、この独特の景観を楽しむ暇もない。

Dscf3166

それでも11:30には最南端の小富士山頂に着いた。

そこには何とも言葉で表現しようのない絶景が広がっていた。

Dscf3167

名残欲しかったが、母島からの便は一日一便のみ。

14時には帰りの船に乗らなければならない。

Dscf3168

と言う訳で、息せき切って沖港に向かったのだ。

結果的には幾分時間が残って、港近くの清美が丘鍾乳洞に行くことが出来た。

Dscf3169

火山で出来た島に何故鍾乳洞があるのか分からないが、

洞内にはガジュマルの根が伸びていた。

Dscf3170

岩の上に生きる植物も必死に生きているのだ。

地面のはるか下まで根を張って、しっかりと生きている。

Dscf3172

思えば私なぞ及びもつかない。

何時も右へ左へ揺れ動いて、戸惑いながら生きている。

Dscf3173

けだし、微動だにしないガジュマルを改めて見上げる。

人の命はたかだか・・・・、それも夢のまた夢だろう。

Dscf3174

人々を愛し、そして、自分の思うままの生き方をしなければなるまいと誓っていた。

|

« 船酔いから脱出して | トップページ | 父島周遊一 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母島へ:

« 船酔いから脱出して | トップページ | 父島周遊一 »