« 孤独と挨拶 | トップページ | ウルトラを制す »

2012年5月19日 (土)

野辺山へ

高原の駅野辺山〔1345m〕の近くの松原湖畔に来ている。

明日の八ヶ岳野辺山100kmウルトラマラソンの為だ。

Cimg6724

家からは車で260km余だからかなりの時間を要する。

Cimg6716

山梨県に入ると、次第に標高があがって気温も下がっていく。

Cimg6711

桜の花が未だ残っていて、唐松の鮮やかな緑があらわれる。

野辺山の手前で、清里の清泉寮に立ち寄った。

Cimg6707

青少年の自然学校の拠点だが、ソフトクリームの有名なところだ。

そこで行列してソフトを買って、八ヶ岳や南アルプスの残雪を眺めつつ味わう。

Cimg6732

この空気で食べるからか、やはり美味しいと思う。

八ヶ岳の雪は富士山ほどではないが、かなり残っているようだ。

Cimg6734

大会会場に入ると、やはり100kの大会に来たなっていう雰囲気になる。

舞台では山梨学院のチアリーダー達がリハーサルしているし、Cimg6723_2

懐かしい顔に出会って和気藹々の話やら、やはり何時もの会場だ。

この大会にもう16年も通ってきている。

この間に様々なドラマがあって、そんな幾つかのシーンが目に浮かぶ。Cimg6717

舞台横にはデカフォレストの名前が大書されていて、その仲に私の名もある。

この大会を10回以上完走した人の名だ。

ゼッケンも一般とは違っているし、特別控え室まで準備されている。Cimg6741

ともあれ仲間が集まって、乾杯とともに明日の健闘を誓い合った。

明日はきっと暑い一日になるだろう。

その一日に、私はどんな物語を書くことが出来るのか。

Cimg6743
多分、新しい境地で100kを走ることが出来ると思っている。

|

« 孤独と挨拶 | トップページ | ウルトラを制す »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野辺山へ:

« 孤独と挨拶 | トップページ | ウルトラを制す »