« 毎日日曜日? | トップページ | これから先・・・ »

2012年5月30日 (水)

中庸の道

私に似つかわしくないタイトルを掲げた。

人は誰だって、自分の体温や心臓のリズムを基準に物事を感じている。

Cimg6829

だから、みい~んな同じ様なもんだろうと思うのだが、

見解の相違から争いは絶えないし、殺し合いの戦争だって無くならない。

お互いに小さな我を張りあっているのだ。

Cimg6828

それが私達人間の正体だとも言える。

中庸の概念が普遍的なら、とうに争いなど無くなっているはずだ。

実はこの「中庸の道」は、私の関わっている学校法人の校訓なのだ。

Cimg6827

とかく、平均的とか凡庸とかと言った意味にとらえられがちだ。

しかし、不偏不倚で可不及の無い生き方なぞ至難の業だろう。

その中庸の道を究めん為に学ぶのだと言う。

Cimg6825

しかしまあ、儒教の盛んだった江戸の昔ならともかく、

子供達がこのことを考えるまでには数十年の歳月を要する。

私なぞ、還暦を過ぎてなお迷い続けているんだから。

Cimg6747

ともあれ不偏不倚は、生き方として永遠のテーマなのかも知れない。

或いは、「日々の仕事をひたすら淡々とこなす」と言う意味かとも思う。

Cimg6823

余計なことを考えずに、ひたすら我が道を進む。

それが理にかなったことなら、それこそ中庸の道ではないか。

Cimg6722

一つの主張を持ちつつ、世のため人のためひたすら前に進むことが出来たら、

それは素晴らしいと思うのだ。

Cimg6822

今夜は、改めてそんなことを思っている。

|

« 毎日日曜日? | トップページ | これから先・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中庸の道:

« 毎日日曜日? | トップページ | これから先・・・ »