« 隠岐の島 | トップページ | 隠岐騒動 »

2012年6月17日 (日)

悠久の島を巡って

隠岐の島ウルトラマラソンは、

西郷港の奥まった船着場レインボーアリーナからスタートする。

Dscf5167_2

2時半には起床して朝食を済ませ、4:00には宿を出発する。

ところでこの西郷港だが、島の奥まで湾入していて島影も多い。

Dscf5170

江戸期まで天然の良好として三大港に数えられ、殷賑と栄えたのがよく分かる。

当時の海運は日本海航路が中心だったし、

Dscf5174

更に溯れば倭寇の出発基地だったのではないか。

しかし今は、単なる漁港に過ぎない。

Dscf5176

ともあ今日一日、この島をぐるっと一周して、私の認識は一変した。

流人の島だから岩ばかりで寂れたところだろうと思っていたのだ。

Dscf5178

しかし道は整備され、山はどっしりと重みを持って緑に静まっている。

あちこちに浮かぶ島々と併せて、どこまでも美しい景観が続く。

Dscf5180

コースはアップダウンばかりで平場がないが、ところどころで牛が草を食んでいたり、

それに何より、これは特筆しなければならないが、

Dscf5181

今回のマラソンは島を挙げてのお祭りなのだ。

早朝から村々には人が出て応援を繰り広げている。

Dscf5182

つま先だって大きく手を広げて旗を振る姿は熱烈だ。

最初は「おはようございます。ありがとう。」と応えていたのだが、

Dscf5183_2

それが村毎にテントを張ったり、仮想をしていたりと大騒ぎでランナーを迎えてくれる。

それに伝令がゼッケンNOを伝えているから、

Dscf5184

テント前では大声で「静岡県の○×さんがんばれ! 遠くからよう来た。」と応援する。

その連続なんだから、疲れて苦しくなってもスピードを落とす訳に行かない。

Dscf5186

ゴール近くなると人の列が途切れなくなって、

Dscf5187

そのみんなが「○×さんお疲れ様! よお~頑張った!  お帰りなさい~。」の連呼となる。

にわかに私の私設応援団が数百人登場したかのようなのだ。

Dscf5192

それで不覚にも、私の顔がゆがんで涙が止まらなくなってしまった。

少々恥ずかしかったが、それでも12時間03分、年代別で5位でゴールした。

Dscf5193

隠岐の島は、とっても心豊かなところだ。

多分、古き良き日本の農村だな~。

|

« 隠岐の島 | トップページ | 隠岐騒動 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

山草人さんのブログを読んでいるだけで目頭が熱くなりました。
言い方は悪いが町中より地方のほうが熱いですよね。
ウルトラはまだ無理なのでフルマラソンの地方版をさがそうっと。

投稿: かわい | 2012年6月17日 (日) 20時43分

年代別5位ですか。おめでとうございます。

12時間3分とは。。。。素晴らしいですね。これだけ記録がどんどん伸びるともう止められませんね。

富士山頂往復この勢いで頑張ってくださいね。

投稿: よっぴー | 2012年6月17日 (日) 21時42分

 よっぴーさん!!! 隠岐はよっぴー向きですよ。
 記録よりも、一日たっぷりと楽しむことが出来る。
 来年あたりでかけてみませんか?


かわいさん。その土地の反応は、その土地の人々の生活を反映していますね。しらーっとしていて、「バカバカしい」ってな反応が都会。
 額に汗して働いている田舎の人達には、汗の意味が良くわかっているんでしょうね。
                山草人

投稿: 山草人 | 2012年6月18日 (月) 21時17分

隠岐の島ウルトラお疲れ様でした楽しんで走られたようでそれも12時間03分年代別でも5位なんて凄すぎです山草人さん!その元気の源は何でしょうか私にも分けてくださいまだまだ進化し続けそうですね山草人さん頑張って

投稿: うっちゃん | 2012年6月19日 (火) 01時30分

初めまして。
いはらと申します。写真の中の「1077」ゼッケンの者でございます。「ゴール目指して走りきって」の横断幕の下の我が後ろ姿を見つけて喜んでおりました。
ただ私は後半大失速の13時間49分でした。来年は私も12時間台で走破できるように練習します。お互いいつまでも健康で元気に走り続けましょう。
またどこかでお会いできれば幸いです。

投稿: いはら | 2012年7月 3日 (火) 14時42分

 いはらさん! 後姿をよくぞ探し出していただけましたね~。あの赤シャツの君でしょうかね。
 若々しい後姿ですが、たっぷり14時間近く隠岐の島を楽しんだんですね。

 できれば来年も参加して、11時間台で走りたいと思っています。その折、あの前夜祭でいはらさんにお会いしたいものですね。

 岩牡蠣で乾杯しましょう!
山草人

 

投稿: 山草人 | 2012年7月 3日 (火) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悠久の島を巡って:

« 隠岐の島 | トップページ | 隠岐騒動 »