« 緩やかな旋回 | トップページ | 隠岐の島 »

2012年6月15日 (金)

年齢の自覚

昨年末から、年金支払通知書なるものが届くようになった。

そういう意味では、お上公認のれっきとした老年なんだろう。

Cimg7080

しかし本人にはからっきしその自覚は無く、毎日のように冷や水を楽しんでいる。

いや、いたずらに若ぶっている訳ではない。

Cimg7066

そもそも、年齢が若けりゃ良いってもんじゃない。

この前の政権交代に前後して、若年の首長が次々と登場した。

Cimg6997

だが、「あ~、若い首長で良かった。」なんて話はとんと聞かない。

そりゃ確かに、明治維新前後の志士たちは若かった。

Cimg6996

だけど当時の平均寿命は50歳前後、今は100歳までも生きようかと言う時代だ。

体力だって、時と場合(例えば100kマラソン)によっては若い人に負けない。

Cimg6972

それなら、経験豊富で知力に優れた熟年者の価値は上がるってもんだろ。

そういう意味じゃ、年齢は一つの勲章さね。

Cimg6959

と息巻いては見たものの、ただ単に年齢を自覚できないだけかも知れない。

それとも、この先が無限じゃないって意識がそうさせるのか?

Cimg6939

ダボハゼのように、あちこちの餌(目標)に飛び付こうとする自分がいる。

そう、70の声を聴くまでは暴走してやろうと思っている。

Cimg7086

アレもやる、これもやる、そしてそれもやるのだ。

燃えて燃えて、使い残しているエネルギーを燃焼し尽くす。

それが、私の年齢の自覚なんだ。

|

« 緩やかな旋回 | トップページ | 隠岐の島 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年齢の自覚:

« 緩やかな旋回 | トップページ | 隠岐の島 »