« 日々に変化を | トップページ | プレイヤー »

2012年7月18日 (水)

心の旅

人間の主体は、体なのか頭なのか、はたまたその中間の心にあるのかは分からない。

当然ながら身体の健康と心の躍動は相互に関連している。

Cimg7296

心の起伏と共に還暦過ぎまできて、ここにきて自分の心の居場所に少し戸惑っている。

これまではどちらかと言えば単線で、進退は一本道だったような気がする。

Cimg7321

しかし今、私自身が多くの顔を持つようになっている。

ある時は旗振りオジサンだし、農夫である時もある。

Cimg7314

時に自治会連合会の役員だし、各種審議会などの委員だったりする。

もちろん市民ランナーだしRCの一員だ。

それに幾つかの役員も務めているし、福祉関係のボランティアだったりもする。

Cimg7301

そうした係わりはどんどん増えていくから、多忙なことは言うまでもない。

体が忙しいのはどうと言うこともないが、問題は心の整理だと思っている。

Cimg7324

そしてこの心は、自分一人で完結するんではなくって、人との関わりにも及ぶ。

対人関係は微妙で、かなりナイーブな要素を含んでいる。

その中で、自身の責任を全うすることが求められている。

Cimg7298

好んで苦労を背負っている訳ではないが、

事を前にして逃げることの出来ない男の必然の心の旅だ。

やがて時と共に、諸々が安定した航路を辿るようになるだろう。

Cimg7386

だがそれまで、夜な夜なあれこれと思案しなければならない。

既にrat raceからget awayして久しいのだが、

いつか「This  was  worth  all  the  effort」と思えたら良い。

人生の旅は、諦めないことから始まるのだから。

|

« 日々に変化を | トップページ | プレイヤー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 主体なんてどこにもないと私は思う。
主体と思う客体でしかないと思う。

私の父は、言いました。
身体は、神様からの借り物なのだと・・・。
では父、心は?魂は?どうなりますかと尋ねると、死んだら無だと。
全て終わる。だから今を一生懸命生きるのだと・・・。
 父も母も身体は、土に返した。
心はと言うと・・。
心は、愛しい人の心の中に残して行った。
お陰で、私は、いつでも父母に会う事も話す事も出来る。
 主体的だと思う心も体も客体であり、与えられたモノ。
 兄貴、良きモノ。良きチャンスを与えられると言う事は、素晴らしいです。
 夢・挑戦。一番大切なのは大切なのは、努力で、成果は、後から付いてくるもの。
夢破れても、進歩成長は残る。成果として・・。

 話は変わって、今夜は、愛すべき食いしん坊の相棒の母親の通夜だった。
参列した私は思う。
 あれだけ子供の前で、泣くなと言ったのに、泣き続ける彼女。
 涙を我慢する子供達。。。
 見て居て思えた。
 明日も泣いたらいい。
涙枯れるまで泣いたらいい。
 今夜は、それが生きることの大切な意味だと思えもした。

 兄貴の思う心の旅に、成果が訪れますように、大いなる責任と大いなる夢に向かう兄貴を心から応援して居ます。

投稿: ひろ | 2012年7月19日 (木) 23時40分

 ひろさん。率直な心中の吐露を含め、私の苦衷にもエールを送っていただいて感謝に耐えません。

 私は何時も「相手の心に届くような率直な心が大切だ」と思っています。相手を屈服させるための理屈なんて、実は何の役にも立たないんですよね。
 
 そんな心を胸に、懸命に努力しようと思っています。有難う。

 それから、Aさんの御身内の御不幸に心よりお悔み申し上げたいと存じます。底抜けに明るく開放的なAさんだからこその涙だったでしょうね。
                山草人

投稿: 山草人 | 2012年7月20日 (金) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の旅:

« 日々に変化を | トップページ | プレイヤー »