« 健康寿命 | トップページ | EUへ »

2012年7月26日 (木)

自分ってもの

今日も朝から会議が続いた。

連合会の三役会議、それに続く理事会、総務研修会、支部地区長会、

さらに夜には、浜名湖100kmのエイドスタッフの打ち合わせだ。

Cimg7455

傍目には「良くやるよ!!」と呆れられるかも知れないが、

これが私の選び取ってきた人生の一部なのだ。

Cimg7458

人は若い頃から選択枝を一杯持っていて、それを選びながら道を決めてきた。

後悔も含めて、みい~んな、自分が選んできた結果なんだろう。

Cimg7454

人の一生は、犬や猫のように単純じゃない。

下手な小説でも書けるかと思うほど、かなりドラマチックだったりする。

Cimg7456

人生とは、そのドラマを少しずつ書き込むことだったのだ。

自分ってのは、始めっから有った訳じゃなくて作りあげた結果でしかない。

しかも、この工作は一度っきりのもんだった。

Cimg7463

はてさて、あの紅顔の少年の頃、そんなことは想像すらできなかった。

「少年老い易く学成り難し 一寸の光陰軽んずべからず」

実は、命には等しく限りがあったのだ。

Cimg7464

昨日の高等学校の終業式では、「君たちの今年の夏は一度っきりしかないんだ。

学ぶにしろ鍛えるにしろ、悔いを残すことなく思いっきり過ごして欲しい。

私も野山を駆け回るし、見聞を求めてあちこち出掛ける。」と語りかけた。

Cimg7462

前途に洋々たる未来が開けている彼らに、

その有限の人生の意味が通じたかどうか。

人生の一本道は、夢幻のごとくなのだ。

|

« 健康寿命 | トップページ | EUへ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 今日一日が有限で有るが如く、人生も有限で過去に戻す事の出来ない時間は、ある時は、音も無く過ぎ去って行く、またある時は轟音を立てて過ぎていく。時間は、時代を作り波打って巡る。
兄貴は、そんな波に乗ってる人生サーファーですね。
 器用に次々と来る波にのりますからね。

 今日は、私の所に知らないトヨタグループ会社からの仕事が飛び込んだ、何故に私を知ったのか?
尋ねてみた、私の出入りのあるトヨタのグループ会社から紹介されらしい。
 担当者は、藁にも掴みたい不安顔だった。
期限が無い短く、行程表管理も出来ない、エリート若造の丸投げ仕事かい。
 よしよし、その不安顔を笑顔にしてやるよ。
 CAD図面は、有るが尺がない。つまりは手書きフリーハンドと同じ漫画絵。
後は、口頭説明での高精度な支持。
段取り悪いよ~若造、でも若いから長くお付き合いも始まるチャンスだね。
 ニンマリと打ち合わせから帰って来たが、来週から二ヶ月間、嬉しい忙しさがやって来る。

 話戻って。
 学生の内に人生の意味や時間の速さ短さなんて多く分からない方が良いのかもしれませんね。
 でも思慮深く考える学生には、良い言葉は心に響きます、言葉、教えは必要ですね。
 長い話の先生の言葉は、記憶に残って居ませんが、短く箇条に話繰り返す先生が居ましたが、そんな言葉は、耳にタコが出来ちゃう位心に残って居ます。
 一日お疲れ様でした。

投稿: ひろ | 2012年7月26日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分ってもの:

« 健康寿命 | トップページ | EUへ »