« 人様々 | トップページ | 貧乏性 »

2012年8月21日 (火)

熟年の気概

暑い日は続くが、この8月も一週間余を残すのみだ。

やがて直ぐに、この暑さを懐かしく思ったりするんだろう。

Cimg7773
兎に角、月日の流れの早さは如何ともし難い。

定年退職してからもう5年近くになる。

Cimg7763

この夏も、○×大会の来賓とした招かれた後輩の何人かと出会った。

決まって「お元気そうですね。今何をされて…」などと問われる。

Cimg7761

心中「おいおい、定年すりゃ年寄りって訳じゃないぞ…」って気持ちがよぎる。

その一方で、「毎日緊張して、あちこち駆け回っていた頃が花だったか・・」とも思う。

Cimg7759

それから、その「お元気・・」なんだが、ちい~っともあの頃と変わっちゃおらんのだ。

体力も気力も十二分だと感じている。

Cimg7758

人によって多少の差はあるにせよ、団塊の世代の多くはそう思っているはずだ。

長年の経験や蓄積した幾ばくかの知識を持て余しているのではないか。

Cimg7753

平均余命だって優に二十年は残している。

毎日隠居然として、盆栽?いじりとゲートボールに現を抜かしてる訳にもいくまい。

Cimg7775

出来ることは何であれ、買ってもやる気概が必要だ。

熟年は、まだまだ終結に向かうには早すぎる。

Cimg7777

物事は起承転結と言うが、人生は起承転転であるべきだ。

つまり人生に有終の美などは不要の限りであって、

Cimg7780

生涯現役たるべしと思っている。

少しばかり年季は入っちゃいるが、中古良品でまだまだ使えるぞ!

ご同輩諸君、ねぇ~そうだろう。

|

« 人様々 | トップページ | 貧乏性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熟年の気概:

« 人様々 | トップページ | 貧乏性 »