« ぐるっと浜名湖100k | トップページ | 感性の旅路 »

2012年8月31日 (金)

か細き絆

あの大震災で、多くの人々が大なり小なりのショックを受けた。

そして改めて、私達が人と人の間で生きていることを思い出した。

Cimg7924

隣人の顔すら知らなくて済む現代社会は、明らかに異常なのだ。

その人と人の繋がりのか細さが、例の経済本位に由来することは間違いない。

Cimg7984

人々の「絆」が繰り返し強調される所以だろう。

絆とは、もともと犬とか牛馬をつなぐ紐のことだ。

Cimg7985

この国の人々が等しく貧しかった一昔前、

食べることも身を守ることも、そして一人前になるんだって、

Cimg7983

お互いに助け合わなきゃ生きられなかった。

それが少しばかり豊かになって、苦労しなくても食べられるようになった。

Cimg7982

その途端に、自己が独り歩きを始める。

そうして、俺様の尊厳故に家族すらが軽視される風潮が一般化する。

Cimg7981

「どうせ、俺の人生」っと勝手気ままな若者が増えた。

その勝手ゆえに、結婚もしないし子供も育てない。

Cimg7980

粋がっているうちに、やがて自らの生きる甲斐を次第に失っていく。

そもそも私達は、自分一人で生きている訳ではない。

Cimg7972

世の為人のため、家族のため、

或いは好きな人のため(for the folks)に生きるんだろう。

Cimg7904

たとえか細い絆でも、人々は絆があることで生気を生み出すことが出来る。

そして、人と人の出会い無くして人生のドラマは始まらない。

|

« ぐるっと浜名湖100k | トップページ | 感性の旅路 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 世の中の為、肉親であろうと隣人であろうと友達であろうと人の為にと思う心は、身体を動かす原動力でせすね。
 日曜日に働く取引先の社長を訪ねました。
会社は、大きくしましたが、相変わらず休日日曜日の午前中は、夫婦で客に材料を売ります。
 本当に頭が下がる思いです。
その会社に仕入れに行き、こんな事を話しました。
 元々ボランティアをする社長ですが、豊橋の社協の会員も半分に成ったと嘆きでした。
 若輩の私から言うのは、可笑しいですが、人数の多い団塊の世代の先輩達が、その有り様では、私達の心は動かせないですよ。
 『愛国心』等と言ったら目くじらを立てる教育者を育てた国です。
 『愛国心』と言う言葉が死語だとしても『自国愛』は、必要な事ではないですか?
尋ねました。
 一足飛びに『自国愛』としたら若い人は、受け入れられないかも知れない。
 でも中国や韓国の社会ニュースを聞き評論する団塊世代や若者世代は、居ます。
 一足飛びに『自国愛』と行く前に『地域愛』の方が育てやすい筈、豊橋の団塊世代は、情けないね・・・・。
 等とぼやいてしまいました。
 政府や海保や
 

投稿: ひろ | 2012年9月 1日 (土) 06時12分

 いつもの様に話がそれて済みません。
守ると言えば、この頃ニュース国の防衛問題です。
 二年前に、尖閣のビデオをyoutubeに流した、一色正春さんや元陸自のヒゲの隊長で有名な佐藤正久さんの話聞く機会が以前ありました。
 ビデオ流失は、犯罪行為と承知して行っている一色正春さんは、後日出版した本の最期に、こんな言葉を書き残しています。
『私の事を英雄であると持ち上げてる人がいるようだが、私はそんな立派な人間ではない。
 むしろ、立派な人間成りたいと思って生きているだけの人間である・・・・今回の事件を起こさなかったら、おそらく一生後悔しただろう・・・。』

政府や海保の方々に国を守らなきゃと思う人達も多いです。

投稿: ひろ | 2012年9月 1日 (土) 06時37分

 話途中で、確認ボタンでなく送信ボタンをまたまた、押してしまいました・・・。
 済みません。
 佐藤さんの話は、またです。
ともあれ、地震津波にしろ、領土問題にしろ、日本国土や生命財産を守る為にも、国がやななきゃならないことは、多いですが、一色さんが行動に移したように、私達独り独り動いても無駄だと考えず、行動に移す事で、開かない扉に小さな風穴を開けるやもしれない。
 あの事件以後思える事ですが、活字以上にyoutube映像は、凄い影響力がありそうですね。
 マスコミの流す映像もそうですが、何が正しくどう理解したら良いかは、鵜呑みにしないでもう一度考え直しながら理解をすることも大切に思います。
 

投稿: ひろ | 2012年9月 1日 (土) 06時58分

ひろさん。ちょつと難しい話になっちゃいましたね。

 か細い絆でも大切にすることで世の中が変わるってことを言いたかったんだけどね。

 今夜「若草会」の会合に出たんだけど、アッ、青少年の健全育成を目的とした会です。

 その活動が停滞してるって指摘があって、その反論が「地域が衰退してきたから・・」ってものでした。

 ちょっと違うよなって思いながら、あえて反論しなかった。彼は、自分達の問題でなく、誰かのせいにしたがっているんだね。

 よっぽど、「解散したらどお・・」って言いたかったな~。

 だけど豊橋の社協と同じで、屁理屈は言っても行動しない人種が多いのは事実。

 どの世代も例外なくね。

 私なんて、感覚ですっ飛んでくんだけどね。彼らにすりゃ、軽薄に見えるんだろうな。
              山草人

投稿: 山草人 | 2012年9月 1日 (土) 21時43分

 コメントありがとうございます。
兄貴の話が抽象的で、写真とか合わないから、感じたイメージと昨今感じて話書かせて貰いました。
 その社長の属する豊橋の社協メンバーは、ようやく東北視察を決めたそうです。
 直ぐに支援もしていますけどね。
支援の仕方が、静岡県ボラとは違います。
 社長は、日曜日休みのみの時は、日曜日の午前中を夫婦で店を開ける。
 70歳過ぎても社会奉仕も未だに行う様子を見ます。
 そう言えば、息子に社長を渡したと話していましたね。
社協のメンバーが減ったとの嘆きを聞いて色々社長に話させて貰いました。
 団体の目的趣旨がぶれて居る、時代にそぐわない、何なのでしょうか?
青少年健全育成運動もしていると聞きます。
 標語の配布や看板、学校での講演活動、お金必要なのに地道な行為、減らない犯罪。
 疑問視するなかでも、社員道徳教育に熱心で職人思いの経営方針を守り続ける社長との話に、時間忘れたひと時でした。
 最後に『会でスピーチしてくれないか?』とまで言われました。
 そんな大先輩の中であんまりですよ・・と買った商品を貰いそうそう会社に戻りましたよ。

 いつの時代も少数派の意見は、難しいですね。
いつもいつも上手くコメント出来てなくて済みません。

投稿: ひろ | 2012年9月 2日 (日) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: か細き絆:

« ぐるっと浜名湖100k | トップページ | 感性の旅路 »