« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

小さな文化

今日は、台風の接近を心配しながら、地域の第一回文化まつりが開催された。

昨年までは市の文化協会の行事だったんだけど、

Cimg8350

7年前の広域合併を受けて文化協会の支部が廃止され、勝手にやれってことになった。

広域化して文化の質を追求することは、それはそれで意味がある。

Cimg8351

だが、それで地域〔郡部〕の文化活動はどうなるのか?

Cimg8352

文化と言ったって、絵画や書道、手工芸もさることながら、

Cimg8355

合唱や踊り、吹奏楽や二胡・三味線の演奏、

銭太鼓や詩吟、カラオケ、フォークダンスまである。Cimg8356

芸術活動というローカルな人の輪を広げる文化活動だ。

いや、まさにコミュニティー活動と言って良いかも知れない。Cimg8359

そんな諸々の趣味の団体の一年に一度の発表の場なのだ。

広域合併からのこの7年、旧市に平準化すること、Cimg8361

歩調を合わせることに汲々としてきた。

結果として、その地域らしさはどんどん無くなって、Cimg8363

何もしなければソフトもハードも無くなって寂れていく。

それは商工活動も文化活動も同じだろう。Cimg8364

今日の文化祭は、予算ゼロからの手作りの大会だった。

ともかくこれを発展させていって、地域全体で応援しようと言う環境を作りたい。

Cimg8366

台風は去った。

だが、明け方までの停電は強い潮風の影響だ。

Cimg8367

植物にとっては春先の塩害に次ぐダメージとなった。

芽の出そろったばかりの大根も全滅である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

里山の一時

休日の午前中は、小笠山で過ごす。

そんなライフスタイルになって、もう20年余になる。

Cimg8333

現役の頃、小笠山総合開発プランに関係して、この山を随分調べていた。

そんな折、山を走っていたKさんに声を掛けられたのがきっかけだ。

Cimg8334

小笠山丘陵は、掛川駅の南の標高264m、約6,000haの礫の山だ。

数万年前、大井川がつくった三角州が隆起してこの丘陵になった。

Cimg8335

乾燥する礫の山だから、尾根はそれに耐えられる姥目樫の純林になっている。

その樫の木のトンネルを走るのである。

Cimg8336

純林だけれど下草は四季折々の変化を見せる。

春には日陰ツツジや餅ツツジ、ササユリ、山桜などが咲き、

Cimg8337

珍しいキノコや山栗、タラの芽やわらびも楽しめる。

それに何よりも、尾根に続くそま道を走る訳で、自然のままの優しさがある。

Cimg8338

さらには緑のトンネルが日陰となって夏は涼しく、冬は北風を遮ってくれる。

そんな訳で、もうこの山のヌシの様な顔をしている。

Cimg8339

朝8時頃から、三々五々走る仲間が山に入っていく。

それぞれ体力に合ったペースで、15kmの上り下りの多い山道を走るのだ。

大抵は2時間余で出発地点に帰るんだが、そこで井戸端会議が始まる。

Cimg8340

取り留めのない会話が続いて、それがまた大いにストレスの発散になる。

走っている時の心中は「無」になっている。

それで、その無の中に苦境を抜け出すアイディアが生まれる。

Cimg8341

つまり私は、山を走ることで随分と助けられてきた。

仲間たちもそれなりに歳をとったけど、今も気の若い奴ばっかりだ。

「今度何処に遠征するか・・」などと、新たな挑戦に話の花が咲く。

Cimg8342

良きライバルであり、気の置けない仲間たちだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

時代と匂い

私なぞは泥臭くって、田舎の香水の溢れるような環境で育ったけれど、

どうも時代には時代特有の匂いがあるようだ。

Cimg8332

例えば、戦国時代の血生臭さや戦前のキナ臭さを連想する。

戦後だって欧米人のバター臭さや、日本人の沢庵臭が言われた。

Cimg8331

収穫の秋を迎えて、稲を収穫するコンバインが走り回っている。

それで、あの藁の匂いが時折漂ってくる。

Cimg8330

一昔前までの稲作は人力に多くを依存していたから、

収穫も鎌で稲刈りしてはざ架け乾燥、脱穀、籾すりと重労働が続いた。

Cimg8307

脱穀が終わると藁の束が小山程の高さに積み上がる。

その藁の山に穴を開けて遊ぶことがあった。

とっても温かくて、藁の匂いで満ちたトンネルに潜ってオリオン星を眺めた記憶がある。Cimg8297

コンバインの藁の香りに、子供の頃を思い出したと言う次第だ。

ともかく当時は小さな子供も重要な労働力だった。

だから、苗代のあの沼の匂い、ボイラーを焚く石炭の匂い、Cimg8280

それに下肥やナフタリンの匂いさえ懐かしく思い出す。

それからキュウリの樹液の匂い、トマトの青臭さ、ウリ独特の香りもあったな。

そう言えば、野菜ってのはみんなそれぞれに香りが違う。Cimg8229

だけどその香りも近年では随分うすくなった。

アクが減って、その分香りも淡白になったのだ。

そうして人間も、人間臭いキャラクターはめっきり少なくなった。Cimg8230

「情に棹させば流される・・」と個性を押し殺す。

その方が楽って訳だ。

幸か不幸か、今の時代の匂いが分からなくなっている。Cimg8041

つまり無臭の時代なんだろう。

それにしても、匂いを失って食欲も性欲(草食男子)も薄れた時代は少し味気ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

Lucky guy

事故か宝くじにでも当たらない限り、今と違った人生なぞ現れない。

人生は少しずつ積み重ねていくものだ。

Cimg8319

ただ、その人生の積み重ね方に意思があるかないか、

或いは、巡り合った人次第で人生の軌跡は少しずつ変わって来る。

Cimg8317

職場でどんな先輩と出会ったか、どんな女性と巡り合えたか・・・・などだな。

Cimg8318

場合によっては、苛められた経験がバネになる人だっている。

Cimg8313

もとより私の人生など極平凡なものでしかないが、

Cimg8315

それでも本人にとっては波瀾万丈、ささやかなドラマの主人公を演じてきた。

Cimg8314

貧乏百姓の子倅が、その百姓も継がずに世の中に出、

Cimg8312

あちこちで小突かれながらも歩いてきて、今もこうしてブログを書き続けていられる。

それだけ考えたって、相当な Lucky guy ではなかろうか。

Cimg8310

そんなことを思いながら、今日は秋を探して川を走った。

Cimg8309

大井川の河川敷に作られたランニング専用コース、リバティーである。

全長20km余、島田市から藤枝市、焼津市へと河口近くまで続いている。

Cimg8308

秋は、そりゃ~一杯溢れていたさ !!

川面は天高く抜けるような空を写して、絶えることなく清らかに流れている。

Cimg8306

豪雨を流したりもするんだろうが、永久なる川の流れだ。

その流れに誘われるように河口に向かって足を進める。

Cimg8305

明治に作られた木造の蓬莱橋をくぐり、幾つもの橋の下を通っていく。

パンパースもススキも彼岸花も、この秋を待ちかねたかのようである。

Cimg8304

芝の上ではグランドゴルフに興じる皆さん。

散歩やランニングにと、それぞれの時間を過ごしている。

Cimg8303

そしてこの時間、近くにいるこの人達の人生は、みい~んな違うのだ。

そして私は、とおとおと流れる川の傍らを黙々と走っている。

Cimg8302

そのレンガ色のコースを黙々と走っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

秋の一日

暫く前とは打って変わった気候になっている。

そう、本格的な秋が訪れようとしている。

Cimg8291

コスモスの花が咲き、高温で遅れていたヒガンバナも満開になった。

柿の実も少しずつ色付き始めている。

何時の間にか、夜明けが遅くなり日暮れは早くなった。

こんな気配が、私達の祖先には冬支度を急がせたんだろう。Cimg8292

縄文や弥生の昔、子供や老人にとって越冬は大きなハードルでは無かったか。

住まいや着るもの、食べるものすべてがか細いものだったはずだ。

しかし暖衣飽食の今日、その季節の鼓動を直に感じることは少なくなった。

季節などはお構いなしに、物事は時間通りに進められていく。Cimg8293

そして私は、朝9時から晩の17時までぶっ続けの会議であった。

流石に根気の持続には限度がある。

会議を終えて、参会者から随分疲れた顔をしていたと指摘されてしまった。

とは言え、民主的な会議と言うのは中々難しい。Cimg8294

人には、時に自己顕示の欲望が起こったり、

様々な動機での発言があったりもする。

そういう色々な人々の気持ちをひん丸めるには、当然ながら幾分の時間を要する。

そこは短気は損気であって、気長にもっていく他ない。Cimg8295

と言う訳で、私の今日一日は会議で明け暮れたと言う次第だ。

ともあれ、これで議会定数の削減や地域防災、外国人市民への対応、

民生委員の改選、地域イベントへのフォアロー、青少年健全育成etcが

スムーズに進展すりゃそれで良い。Cimg8296

しかしまあ、会議と言うのも中々難しい。

秋の日は、つるべ落としである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

ファミリィー

終戦まで、家父長制と言うのが厳然とあった。

惣領、そしてその家の父親が権力の頂点にあった。

Cimg8281

封建制の家族版ともいえるものだが、それなりの秩序はあった。

戦後に団塊の世代が生まれて、その家父長制の名残を引きずりながら育てられた。

Cimg8283

新しい家族制度を模索する時代に育ったのだ。

高度成長期にその団塊が家族を持つようになった。

Cimg8284

そのテーマの一つが、マイホーム主義だった様な気がする。

TVドラマも家族団欒を扱ったし、それが理想と思われた。

Cimg8285

しかし世は経済成長の只中で、多くの父親は企業戦士としての暮らしが続いた。

はたして理想の家族を育て得たのかどうか?

Cimg8286

気が付いてみれば、孤食だの引篭りだのと家族はバラバラになっていた。

時代も夜勤やら何やら、個人の生活を無視する勤務体制になっていた。

英語のファミリィーには、「共に食事する人」という意味がある。

Cimg8287

つまりファミリィーがファミリィーで無くなってしまっていたのだ。

はて今日、イクメンなどが話題になってはいる。

そして家族を創り上げるのは、一生に一度のことなのだ。

Cimg8288

しかも家族とは言え、それぞれが個性を持つミニ社会だ。

親父の思うままになる筈はない。

今夜は孫3人を連れて外食に出た。

Cimg8289

10歳と8歳の 二人の孫の誕生祝いだ。

幼い孫たちの顔を見ながら、我が果たせなかった過去を振り返っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

三つの「間」

12年前、「心豊かな新しい時代のために」と題して自製本を書いた。

私の最初の本で、21世紀を目前にしてこんな時代にしたいとの思いを書いた。

Cimg8279

それでその書き出しが、「本当の豊かさを求めて」と題した一文だ。

内容は、来るべき成熟社会に於ける豊かさとは何かと言うことだった。

Cimg8278

私は、それは「空間・時間・仲間」の三つの豊かな「間」を生み出すことだと書いた。

豊かな空間とは、

Cimg8277

町並みや住まいは無論のこと、安らぎを生み出す景観やステージを創ること。

豊かな時間とは、どうやって私達の時間を充実させるかってこと。

Cimg8276

そして、家族や友人に止まらず多彩なコミュニティを形成することだと書いた。

さらに政治・行政には、

豊かな「間」を育てる間尺に合う施策こそ大切だと付け加えておいた。

しかして12年経過した今日、その「間」の豊かさは進展したのだろうか?Cimg8275

残念ながら、哲学も理念もない政治が続くし、

利己・金権主義はグローバリズムと共に一層顕著になったようだ。

このブログにさえ、依然として嫌味なエゴを書き込む(随時削除)輩もいる。Cimg8267

自分本位に時間や空間を歪める心の貧しさは、如何ともしようがない。

これは私達社会に止まらなくって、国際社会に於いてもしかりだ。

それにしても、尖閣を巡る我が国の間の悪さは極まっている。Cimg8266_2

暴力に訴える中国の「愛国」の行き過ぎは言わずもがなだが、

日本外交の鈍感さも甚だしい。

その一、ウラジオストックで胡錦濤主席から猶予の要請のあった2日後に、

Cimg8263

尖閣の国有化を閣議決定したこと。

その二、国有化決定が柳条湖反日記念日(9/18)の直前だったこと。

その三、10月の大会で党幹部の入れ替わる稀有な節目の直前だったこと。

その四、日中国交四十周年記念の準備の最中だったこと。

Cimg8262

いずれにしても、間が悪すぎた。

言葉を変えると国際感覚のない「間」抜けだったと言われても仕方ないだろう。

この間の悪さの惹起した波紋は、相当根深く続くことになるだろう。

間抜けとは、間合いを考えずに自分中心に行動することだ。

Cimg8253

ともあれ、仲間を大切にし、心広がるステージで、

心豊かな時間を共有したいものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

馬齢

還暦を過ぎて、もう既に五年になろうとしている。

その随分長い歳月を改めて考えると、そんなに生きてきたのかと感心すらする。

Cimg7890

今日、元の職場のOB会から総会資料と会員短信が送られてきた。

都合で欠席した会だったが、その短信に目が向いた。

Cimg7905

「老境進み・・・」とか「行動範囲が狭まり・・」はかなりの年配者か。

圧倒的に多いのは、○×をしていますと健在ぶりのアピールだ。

Cimg7931

そして分からないのは「趣味三昧の楽しい毎日・・」「生活をエンジョーイ・・」かな。

どんな中身かは分からないが、裏腹に生活の空虚を連想したりする。

Cimg7974

ともあれ、人は年々歳々歳をとるものらしい。

そして、65歳になると「老人」と呼ばれる。

Cimg7978

これはWHO(世界保健機関)が、

死亡率の変化や罹病状況から統計的に決めたのだと言う。

Cimg8102

勿論人の老化は、生活環境や個体によって著しく違う訳で、

WHOの線引きは単なる目安でしかない。

Cimg8103

そんなこたぁどうでも良いが、

とにかく六十五歳という馬齢に浦島太郎のごとく驚いている。

ふつう動物は(植物もそうか?)、セックスをして子孫を残すために生まれてくる。

Cimg8104

そうしてセックスを終えると、かなり速やかに死んでいく。

ミツバチが典型的で、女王と交尾するオスは、

Cimg8120

その貯精嚢に精子を注入した瞬間、

陰茎の末端を女王の体内に残して死ぬのだそうだ。

Cimg8155

あの回遊魚のサケだって、生まれた川を遡ってきて、

メスの産んだ卵に精子をかけ終わるとオスもメスも死ぬ。

翻って近世の人間は、セックスを終えても(??)ベンベンと長生きをしている。

Cimg8160

否そうではなくて、延々とセックスをし続けているから生きるのかも知れない。

エッセイストの岡田信子さんが、「老いても抱かれたい」と老境を述懐している。

馬齢、果て無しか !!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

秋澄む

暑さ寒さも彼岸まで、今日はその秋分の日である。

やはり季節は正直なもので、この数日涼風が吹いてくるようになった。

Cimg8264

大陸からの高気圧が押し出してくる頃合いだ。

Cimg8252

湿度が下がって空気が澄んでくる、それで「秋澄む」と詠う。

ブドウの収穫もほぼ終わりで、

Cimg8250

それも少し淋しいが今年の盛期が終わったと言うことだ。

Cimg8268

新たな始まりもある。

大根にタマネギ、それに白菜の種を播いた。

Cimg8274

大根は12月位から食べられるだろうし、玉ねぎは来春だ。

Cimg8273

稔りと新たな布石の秋なんだ。

さて人の世も栄枯盛衰、永遠の盛期なんてのはない。

Cimg8272

まして一人の人間であってみれば、起承転転は必定。

Cimg8271

何時か、秋が来て冬が来る。

だからこそ人間も、必死に花を咲かせ実を稔らせようとするんだろう。

Cimg8270

今日は地域の「ふれあいまつり」があった。

Cimg8265

年に一度「福祉」関係団体が共同してその理解を広げる会を開いている。

民生委員協議会、福祉委員会、保健委員会、包括支援センター、栄養士会、

Cimg8261

日赤奉仕団、共同募金会、ボーイスカウトなどと30余の団体が集まった。

舞台では、吹奏楽の演奏やら振り込み詐欺防止寸劇、小学FKDのコンサート、

Cimg8259

ハワイアンダンス、もちなげなどが続いた。

勿論大変な賑わいだが、本来の福祉への理解が広がったかと言うと??

Cimg8258

誰だって、自立し続けるために頑張っている。

だけどその強さは、時として人にも秋冬のあることを忘れさせてしまう。

それが「福祉なんて・・・・」ってことになる。

Cimg8257

地区社協活動に関わってきて、人の心が少しだけ見えるようになった。

望むらくは秋の空気が澄むように、助け合える社会になるといいよな~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

足元

いやいや、私の足元が覚束ないってんじゃない。

私達の生活の基盤を良く考えたいと思ったのだ。

Cimg7486

円高(1ドル78円)が諸悪の根源で、日本の景気を低迷させいてる。

だから円安に振れれば株価も上がるし、景気の気分も向上する。

Cimg7487

世論も政府もその為の手立てを考えあぐね、日銀に無理難題を言っている。

そりゃ~株が上がれば嬉しいが、ちょつと違うかもしれない。

Cimg7492

例えば、この国の食糧の6割以上は輸入だ。

5年前、1ブッシェル5ドルだった大豆が今17ドルだ。

Cimg7518

同様に3ドルだった小麦は9ドルになっている。

それを緩和しているのが07年に1ドル120円だった円高だ。

Cimg7534

仮に円が07年のままだったら、今150円のガソリンは1㍑230 になっている。

円高のお陰で、食料もガソリンもそこそこ我慢できているって訳だ。

Cimg7565

このところ日本の貿易赤字基調が続いている。

今のところ資本収支でバランスを保っているが、それだって何時まで続くことか?

Cimg7578

やがて年々歳々円安になる日が来る。

いや、それ以前に外国人の80兆円に膨らんだ国債の売りが始まるだろう。

Cimg7612

当然ながら国際価格は低下し金利上昇、

大量の国債を持つ金融機関は破たんの危機に瀕することになる。

勿論、食料もエネルギー価格も暴騰する。

Cimg7613

賃金低下と消費者物価の高騰で、私達の生活はいや楽にはなるまい。

つまり私達の足元は、円高によって大きく支えられているのだ。

一頃TPPの議論があったが、「ありゃなんだ???」って思う。

Cimg7619

馬鹿な総理のプロパガンダに踊らされて、国論を二分させた。

何を開国するのか知らされないまま「平成の開国」とのたまわった。

そいつに便乗して、必死で頑張っている農業者を悪者と決めつける人達もいた。

Cimg7626

しかし、所詮国際感覚も分からない素人の法螺だった。

その嘘つき政権の末路は言わずもがなだろう。

と言うよりも、今すぐ辞めてほしいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

季節は秋

虫の声がかまびすしい。

暑い日が続くと言っても、朝晩はめっきり涼しくなった。

Cimg8245

昨日登校すると、私の執務室の花瓶に秋の草花が活けられていた。

花は勿論野の花で、それがまた見るだけで涼を誘う風情がある。

Cimg8244

ふと気が付くと、花瓶に虫の形をした緑の折り紙が張り付けてある。

何と粋なことか!!

Cimg8243

そのトータルなコーディネイトが、その人の細やかな感性を思わせる。

人知れず咲いていた花が、花瓶の中で伸びやかにくつろいでいる。

Cimg8233

今日であの丹後100k から4日目である。

それで、久しぶりに山を走った。

Cimg8210

ここらで筋肉に活を入れとおこうと言う次第だ。

しばらくぶりの山は、走路に笹の穂が一杯伸びていて、

それが靴や靴下、パンツに付着する。

Cimg8156

彼らは、私達によって生存域を広げようとしているのだ。

野栗もあちこちに落ち始めている。

本格的な秋がこの山にも訪れようとしているようだ。

Cimg8157

萩やススキは勿論、広葉樹も心なしか紅葉の準備を感じる。

蝉の声も止んだ静かな山である。

田圃の稲も、もうあらかた収穫を終えようとしている。

Cimg8104

窓からは、涼しい風が吹き込んでくる。

もう秋なんだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

空蝉のごとく

先日まで、我が家のモチの樹の幹に蝉の抜け殻が残っていた。

台風が少なかったから残ったのだろう。

Cimg8242

昨日来やっと雨になって、セミの鳴き声も随分と少なくなった。

当然ながら、あの殻の主はとうにこの世の生を終えているだろう。

それでも抜け殻は、その蝉のかつての存在を主張していた。Cimg8241

蝉は、この樹皮に産卵する。

幼虫は地中に潜って木の根から養分をもらって成長し、

地中で雌伏数年の後、樹をよじ登って殻を脱ぐ。

そして、地上での生存はせいぜい一週間でしかない。Cimg8240

その数日を、まさに声を限りに鳴きつくし忽然と消えていく。

儚い限りだが、時の長短を別にすれば私達とて同じ様なもの。

かく言う私だって、良かれと懸命に鳴き続けている。

だが私達庶民の鳴き声は、所詮微かなものだ。Cimg8238

片や昨今の政治の様に、嘘ばっかりの騒々しさがある。

出来もしない原発廃止を決めたかと思った次の日は、ありゃ~机上の只の参考だと !

歴史観の無いあの管首相の稚拙な措置に端を発した尖閣も、とうとうこの騒ぎになった。Cimg8237

この国の政治は、その演出ばっかりで空しさだけを残す。

あの蝉の抜け殻以下と言うべきだろう。

ところで蝉の様に、長い間地中で過ごす植物は多い。Cimg8236

例えばカタクリやササユリだ。

それぞれ種から花を咲かせるまでには7~8年をかけている。

それでいて、地上に芽を出して花を咲かせ姿を消すまでは2~3週間だ。Cimg8235

その僅かな時が、彼らの自己主張の時だ。

蝉と違うのは、植物は球根を残すことだろうか。

ともあれ、昨日来の雨が秋を連れてくるらしい。Cimg8220

蝉たちの声も、また来年を待たなければならないのだ。

それで私は、球根よりも抜け殻を残そうと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

娯楽を生きる

昨日丹後から帰って、やっと昼過ぎから尿が普通に戻った。Cimg8213

100kを走ってそれ程脱水していたのかと思うが、体は正直なものだ。

Cimg8219

しかし、何時までも養生と言う訳にはいかないんで、午後からは大根を播いた。

随分働いたキュウリの株を始末して、畑を耕してミニ大根を播く。

Cimg8200

そこに、折からの久しぶりの降雨である。

これで2~3日後には、大根が列をなして芽を出すだろう。

Cimg8201

その新鮮な芽生えは、それはそれは立派なエンターテイメントだ。

今夜は、私にとっての娯楽ってことを考えている。

Cimg8217

私にとっての娯楽って何だろうかと考えてみても、これって思い付かない。

そりゃ~あ、たまには映画なんぞを観るが、TVも見ないし博打もやらない。

Cimg8205

私の遊びは、自分の生き様ではないか?

改まって考えるまでも無く、私にとっては毎日が娯楽なんだろうと気付いた。

Cimg8167

植物との係わりも、自治会も学園も、街頭の旗振りだって真剣さ。

それぞれに真正面から取り組んでいるし、勿論悩みだってある。

Cimg8208

でもその悩みだって娯楽だな。

マラソンも妥協のない娯楽だ。

Cimg8164

苦労した丹後100kだって、日頃の何十倍も楽しんだような気がする。

一人一人のランナーの顔、幾つかの出会い、エイドの若者たちの表情、

Cimg8185

沿道で声援を送る人々の気持ち、ゴールのテープを駆け抜ける達成感。

そのすべてがこれ以上ない人生のエンターテイメントだ。

Cimg8162

そして人生は、自分の人生を生きる為にあるのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

私達が犬の様に単なる動物なら、どうってことも無い。

だけど人間は、微妙な心の動きで行動する生き物だ。Cimg8239

気分だけで生きるんじゃ、それは犬猫と同じになっちまう。

それで、人間社会には儀礼にも近い挨拶やら節度が求められる。Cimg8215

親しくなればなるほど、この点は気を付けた方が良いだろう。

それは他人に対する思いやりってことかな。Cimg8216

苛めがクローズアップされているけど、

他人の痛みなど全く感じない自己中心主義はその典型だ。

人は、お互いに助け合い尊重し合ってこの社会を作っている。Cimg8218

それがまた、社会の発展進歩の原動力なんだ。

さて、散々だった丹後でも色々な出会いがあった。Cimg8221

宿で常連のO蔵さんや三味線の鏡さん、今回初めてのハーモニカのHさん。

一年に一度しか会わないけれど、百年の知己の様な触れ合いが出来る。Cimg8222

それもお互いを尊重する心からだろうな。

茂左衛門の親父さんも気の良い人で、Cimg8223

100kmを車で追いかけて応援する。

二日間そんな馬鹿話に花が咲いて、Cimg8225

心の解き放たれた時間を過ごした。

100kmの道のりは遥かだけど、そして1kmも随分長いんだけど、Cimg8227

自分とずう~っと闘って、

何時の間にかゴールに行き着くことが出来た。Cimg8232

強気になったり弱気になったり、この14時間の心の変遷は私そのものなんだ。

この丹後のくそ暑い最後の夏は、そんな心を思う旅になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

やっとこさ~の100k

今朝は2時半の起床、3時の朝食である。

スタートは4時半、夜空には一面の星が輝いている。

Cimg8189

天気予報は快晴、気温の上昇と高湿度を知らせている。

朝の涼しいうちに走っておこうと、10k一時間のペースで走り始める。

Cimg8193

今回の100kには2,000人余と昨年よりも600人も多くの人がエントリーしている。

東京マラソン以来のブームが、いよいよウルトラにまで波及しているのだ。

Cimg8199

何故、こんなにも苦しいレースに挑戦するのか?

変なもので、走り始めるとそんなことを考え始める。

Cimg8202

「いゃあ、人生と同じでね・・・自分の限界への挑戦さね。」

そんなことを思っているんだが、距離が進むうちにそんなことは霧消して、

Cimg8203_2

唯ひたすら前に進むことを考えている。

声の限りに高校生が声援を送る。

だが、日が昇るにつれて気温がぐんぐん上がってくる。

Cimg8206

32~33度との発表だが、舗装道路の照り返しで路面上は37度にもなっている。

暑い。誰もが汗をパンズからボトボトとたらしている。

Cimg8207

エイドでコップ三杯ものたっぷり水を補給しても、

1kmも走ると口の中はカラカラになってしまう。

それでも丹後味わいの里を出たのは10時50分と過去最速であった。

Cimg8208

しかし、そこからは次第にペースダウンして、歩くことが多くなる。

気がついてみると、碇高原〔76km〕の門限まで時間が無いらしい。

Cimg8209

とにかく門限に間に合わせようと急な登りを必死であえいでいく。

で、四苦八苦のすえ門限まで7分を残して何とか滑り込んだのだ。

Cimg8212_2

その後も門限に追われながらの旅が続く。

網野の街に入ると、沿道には灯篭の火が輝き、沢山の人が応援している。

その声援と歓声の中を13時間51分でのゴールとなった。

ゴールでは、仲間の皆が迎えてくれた。

Cimg8214

つまり、既に5人が途中でリタイアしていたのだ。

多分、あまりの暑さゆえに全体の完走率もかなり低いのではないか・・・。

ともかく完走・非完走関係なく昨夜に続いて、またしても夜が賑わった。

とは言え私は、残念ながら丹後の記録を塗り替えるのは叶わなかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

網野の宿

京丹後の網野に来ている。

あの日本三景〔松島・宮島〕の天橋立の隣の町だ。

Cimg8169

京都の奥座敷とも言えるこの地帯は大江山や宮津、

聖徳太子の母親の在所の間人(たいざ)など古い地名が並ぶ。

与謝野鉄幹や与謝蕪村の与謝町などもそうだろう。

Cimg8167

ともあれ明日の100kマラソンはこの網野の町がスタートゴールだ。

網野は古くから丹後縮緬の主産地として知られていた。

Cimg8171

しかし和服が少なくなった今日、縮緬の出番は希少になった。

で、織機の音も年々か細くなっているという次第だ。

Cimg8177

私達のお世話になる宿は茂左衛門という民宿で、

もう6年越しの定宿になっている。

Cimg8179

気の良いご主人と奥様ともずっと懇意で、主人は100kmを車で応援して回ってくれる。

それはともかく、今夜の夕食に集まった15人はすごい。

Cimg8180

三味線を抱いて歌う人、ハーモニカを多様に使いこなすこと、

ビアノを華麗に演奏して興を盛り上げるピアニスト・・・・。

Cimg8184

馴染みの歌をみんなで歌ったりして、まったくもって豪華な前夜祭になった。

しかし何も出来ない私は、布団だけを弾かせていただいた。

Cimg8186

小野小町、静御前の出身地だし、細川ガラシャの幽閉の地にも近い。

明日は早朝の4時半にスタートして、この美人の産地を拠点に100kの旅をする。

Cimg8187

台風の影響もあって、明日の予報は34度にもなるという。

そんなことは頭の片隅において、今宵の一時を楽しんでいる。

今と明日、その時間の落差の大きさを思ったりもする。

Cimg8188

しかし、ウルトラマラソンを前にして、こんなに楽しい一時を送ったのは初めてだ。

いやさ、明日は思い通りのレースが出来そうである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

トンネルの向こう

トンネルを抜けると、そこは雪国・・・ってな訳ではないが、

トンネルには、景色も変わって、何か別の雰囲気を期待させるものがある。

Cimg8154

私のトンネルへの思いは、実はやれやれと言う気持ちだ。

普通トンネルと言うのは、予算上施工区間を短くする為なんだろうが、

上り坂の頂上付近に作られる。

Cimg8153

つまりランナーにとって、

あのトンネルを抜ければその先には下り坂が待っているってことだ。

それで、やれやれという気持ちになる訳だ。

Cimg8152

ところで平成2年にバブルが崩壊して、若々しいこの国の成長は終わった。

そして失われた10年のトンネルの向こうに待っていたものは、長く続く下り坂だった。

少子化に長寿高齢化・・・ゆるゆると経済の規模を縮小していく過程に入った。

Cimg8151

いやいやそんなことはないと言うんで、借金をして経済成長させようとした。

結果は、ギリシャなど比較にならないほど天文学的な国債残高になった。

多分、それを現在生きている人たちで返済することは無理だろう。

Cimg8150

税金を上げて節約しながら少しずつ返済するしかない。

つまり、延々と続く経済的下り坂を確定させたようなもんだ。

だからって、私達一人一人が不幸になるってもんでもない。

Cimg8149

だって息せき切ってrat raceを続けるよりも、のんびり楽しめるかもしれないじゃない!

事実マラソンだって、上り坂よりも下りの方が快適だろう。

例えば、どういう統計かは知らないが・・・・、

Cimg8148

ギリシャ人の一年間の平均セックス回数は世界第二位なんだそうだ。

ちなみに一位はトルコだ。

それと比べ日本人は、何とギリシャ人の1/3以下だという。

Cimg8147

何も回数が多けりゃ良いってもんでもないが、

セックスの時間も惜しんでせっせと働いてたってことだろうか?

ともあれ、問題は下り坂の向こうにどんな世界をイメージするかってことだろう。

Cimg8133

そこに心豊かな成熟社会を描くことが出来れば、

そんなにラッキーなことはないではないか。

蓮舫じゃないが、何も世界一である必要はないのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

最終打ち合わせ

「ぐるっと浜名湖一周100kmウルトラマラニック」が、いよいよ来月7日に迫った

それで今夜は、その全スタッフの最終打ち合わせの会だ。

Cimg8143

何事も最初が肝心、皆さんに「良かった!!」って言ってもらいたい。

Cimg8142

それにゃ難題を幾つもクリアーしないとね・・・・。

と言う訳で40人近くが集まってくれた。

Cimg8141

バイクサポート隊、エイド隊7チーム、ゴール誘導、医療スタッフ、マッサージなど、

それぞれの役割別に最終の確認をしていただいた。

Cimg8140

ネット上で情報交換されているとはいえ、顔を合わせての打ち合わせは初めてだ。

やはり多くの情報をネットで流しているとはいえ、認識は様々だ。

Cimg8144

と言うわけで、はじめから確認することになる。

エイドで提供するウナギむすびや冷凍ピオーネも試食してもらった。

Cimg8139

まああれだね、細かいことは色々とあるけど、

走る仲間をどれだけ心から迎えることが出来るかってことさね。

Cimg8138

前夜の完走パーティーだって凄いよ。

スタッフと参加者との交歓の場でもあるし、

Cimg8137

折角この浜名湖まで来てもらったんだから楽しんでもらわなくっちゃね。

勿論スタッフも楽しむさ。

Cimg8136

一緒にこのマラニックを楽しむことが出来れば初回としては大成功だ。

ともあれ、エイドの補給にしても課題は多いな。

Cimg8135

まあ~、皆で力を合わせて遠州の底力を見せようぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

老人予備軍??

人は誰も、年を取ったことを認めたくないものらしい。

何より私だって、還暦を過ぎても年寄りの心境と言うのが一向に分からない。

Cimg8088

強いて言えば、確かに老眼だし毛髪も細くなったがそれだけだ。

うッ・・、それに白いものが少しだけ目立つかな?

まあ~そんなもんで、心身共に特段の変化はない。

Cimg8120

果たして私も老人になれるのかと心配するくらいだ。

ともあれ、老化とは心と体のギャップが広がることだ。

出来るはずの事が思うに任せなくなって、

Cimg7977

そんな理不尽の進行を、自分なりに納得していくプロセスが老化らしい。

この週末は敬老の日だが、長命の人が際立って増えている。

100歳超の方々も数えきれない程になっている。

Cimg7895

しかしその一方で、高齢者の医療費の増高が顕著だ。

75才以上の医療費は全体の1/3で10兆円を超えている。

一人当たりにすると、何と年間で80数万円にもなっているんだとか。

Cimg8116

それも借金財政で賄っている訳で、世界に冠たる国民皆保険も

やがて破綻しかねない状況にある。

先々の事は考えてもしょうがないが、

Cimg8109

介護なんてされるくらいなら死ぬべきだと思っている。

しこうして老人予備軍は、身体能力の維持とボケ防止に努めねばならんのだ。

兎に角私は、週末は丹後100kマラソンを走る。

Cimg8107

ランパン・ランシャツの颯爽と似合うジジィになろうと必死なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

時間を追って

老後の千金などと書いたら、「お前はどうなんだ」との声があった。

はてさて、私の一日など差したるものでもないし面白くもない。

Cimg8079

ただ、毎日忙しく時間を追いかけているのは事実だ。

今朝は、五時過ぎからオクラと葡萄の収穫と出荷調整。

Cimg8080_2

朝飯もそこそこに、街頭に立って子供達を見送ること30分。

そのまんま大急ぎで、「どんどこ浅羽」(朝市)に出荷。

Cimg8081

市役所に駈け付けて、9時から市長に要請と懇談。

実は自治会連合会として「防災対策アクションプログラム」を纏めている。

Cimg8082

6月の震災地視察以来、各種の検討と会合を重ねてきた。

それで「家庭防災の日」の設置を始めとする5つの対策を打ち出すことにした。

Cimg8083

その行政への協力を取り付けてるためのダメ押しなのだ。

次いで十時過ぎからは教育長との面談だ。

Cimg8084

教育長には、「学校での防災教育」を義務付けることを要請したんだが、

これは既に様々形で取り組みが始まっている。

運動会での「防災リレー」、

Cimg8085

土嚢を背負ったり担架を持って走る競争を取り入れている学校もある。

ともあれ、カリキュラムとして「防災」を取り入れる方向で一致を見た。

そして午後は、自治会連合会の「総務委員会」を開催した。

Cimg8086

連合会報の編集やアパート住民への対応、防災などについて検討が続いた。

15時過ぎにやっと解放されて、その足で山に向かった。

誰もいない山中を瞑想と共に走って一人で汗をかくのだ。

Cimg8087

ところが、もう日が沈み始めた頃、一人の女性が向こうから走って来るではないか!!

なんとラン友のウッチャンだった。

掛川市に里帰りした帰りに山に寄ったのだと言う。

Cimg8101

いや~あ、走り仲間ってのは得難い人付き合いだね。

会った瞬間から、心が通じ合っているのが分かるんだ。

それから帰宅して晩飯を済ませ、今ここでパソコンに向かっている。

千金を考える暇も無かったが、兎に角今日も時間を追いかける一日だった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

未来と希望

思えば私達は、未来の希望に向かって生きている。

未来に僅かの希望も見いだせないとすれば、生きる力とて続くまい。

Cimg8125

とは言え、明日大地震が起こるかもしれないし、先の事は誰にも分からない。

もしバック・ツーザ・フューチャーの様に分かってしまったら、

私達の希望だってよほど違ったものになるに違いない。

Cimg8126

博打の結果が先に分かってりゃ、その博打そのものが成立しないってことだ。

例えば、歴史的低迷の続いている日本の株だって、

多くの人がこの先に光を見いだせないから買わない。

Cimg8127

従って、どんどん下がっていくと言う具合だろう。

政治家の役割は、その国民に未来(夢)を提示することだ。

行政の代行をすることでも、民主党政府の様に嘘を書き並べることでもない。

Cimg8128

そういう意味で、政治家は時代の預言者を目指すべきだ。

私達には未来は分からない。

そして私達の不安の元凶は、その未知の未来への心配にある。

Cimg8129

年金であれ財政であれ、不安の山を築くことが政治ではあるまい。

経済学や歴史学は、未来予測の足掛かりとして尊重されてきた。

結果としてある程度の予測なら出来そうだが、本当のところは分からない。

Cimg8130

先々のことが知りたいが、それは誰も分からないのだ。

分からないからこそ、希望のある限り私達は未来に向かって挑戦し続けている。

夕刻、中学を訪れて体育祭の練習に熱中する子供達を眺めていた。

Cimg8131

この子たちの未来を、希望を私達は生み出さなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

老後の千金

「老後の一日は千金にあたるべし」

「一日も楽しまずして、空しく過ごすは をしむべし」

Cimg8111

江戸初期の儒学者貝原益軒の養生訓の中にこの一節が書かれている。

益軒の80才の頃の著作らしいから、さもあらんと思う。

Cimg8113

だが80歳を過ぎてなお、一日たりとも無駄には過ごすまいぞと言う覚悟がすごい。

素直に読めば「折角長生きしても、楽しまなきゃダメだよ」と言っている様でもある。

Cimg8114

「じゃあ~、どうやって楽しみゃ良いんだ」と言うことになりそうである。

私は、これは大いにおしゃべりをすることだと思う。

Cimg8117

「お喋りは、最大の娯楽」の言葉があり、かつて井戸端会議が栄えたように、

歳をとればとるほど、おおいに喋らなくっちゃいけない。

Cimg8110

嫁さんの悪口だろうが何だろうが、構うこたぁ~ない。

ただし、一人でブツブツは止した方が良い。

Cimg8118

あの人もとうとうコレかなってことになっちまう。

ともかくも、お喋りは大勢でワイワイやるに越したことはない。

Cimg8121

今、あっちこっちに高齢者サロンをつくっている。

皆さんもドンドン参加して、おおいに楽しんでほしい・・・。

今日の私の地区の「敬老祭」で、そんな挨拶をした。

Cimg8122

ちなみにお仕着せの敬老「会」ではなくって、老若男女みんなで楽しむ「祭」なんだ。

小学生や幼稚園児にも参加してもらって、今年も盛会であった。

人は誰だって歳を取る。

Cimg8124_2

歳をとるからこそ、一日一日を大切にするようになるんだろうな。

それにしても「一日千金、空しゅうせず」と過ごせるかどうか?

Cimg8123

TVの前のあなたの今日は、きっと稔り多いものだったでしょうね。

そうして明日は、決して空しくはないですよね !!

そう~、空しいと感じるとすれば、あなたがお喋りしてないからですよ!!!

Cimg8108

高齢者がぐ~うんと増えていくこれから、みんなが千金を目指したいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

そうだ! 恋愛手当だ。

午前中は防犯委員全体研修会があって走れなかった。

それで昼下がりから山に入った。

Cimg8093

全山これオシーツク・オシーツクと喧しいの何の・・・。

そんな鳴き声の中で、あの入道雲のようにムクムクと夢想が沸き起こってきた。

国会も近いうちに解散である。

Cimg8094

ところが、巷にゃ「嘘つき・・」の声が満ち満ちている。

政府にだって色々と都合があったんだが、どげんかせんとあかんぜよ。

そんな声が霞ヶ関あたりから聞こえてくる。

Cimg8095

それで、あの時馬鹿な一票を投じた身として、善後策をつらつら考えてみた。

子供手当も、ありゃ最初から無茶だったな !

出先機関の廃止くらいは簡単だと思ったんだけど、特別会計の無駄????

Cimg8096

それも、騒ぐだけ無駄だったな~。

それでも、今度の選挙向けのマニフェストを準備せにゃならんだろう。

子供手当は駄目だったけど、今度は恋愛手当にしたらどうか。

Cimg8097

そもそも少子化は、若い連中が結婚しないからだ。

結婚しないのは、恋愛をしないからに違いない。

この恋愛を盛んにするために手当を出すんだ。

Cimg8098

月に3万円くらいで、あちこちにハートの花が咲きゃ世の中も明るくなる。

不況の続く折、起死回生の善政になるんじゃないか。

それから、相手の見つからない奴のためには、仕分け大会を開くんだ。

Cimg8099

蓮舫議員にも出てもらって「世界一でなくても良いでしょ!!」と相手を決めていく。

次々と結婚させて、子供もボコボコできるようにする。

これで行きましょうよ! 親分。・・じゃなかった総理。

Cimg8100

どうせ選挙なんて結果次第だから、先の事なんて分かりゃしないんですぜ。

若い奴らの気を引けりゃ、こっちのもんさね。

コ レ!・・・・私の、山の中の夢想だといいんだけどな・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

体感時間

1947年生まれ、団塊の世代の先頭が65才になり始めている。

これから数年内に、700万人もの人間へ満額の年金を払わねばならない。

Cimg8033

これはこれで年金財政にとっては大変なことだが、

60才で定年になって65才まで収入がないというのも困る。

それでぐうたら政府も、おっとり刀で65才までの雇用を義務化する法律を制定させた。

Cimg7730

ついでに65~70歳までの雇用も努力しろというオマケ付きだ。

しかしまあ、団塊の世代は大方60の坂を越してしまっていて、

この法律は次世代向けということか・・・・。

Cimg8034

人間誰にだって若い時はある。

この世は珍しいことばっかりで、酒を覚え、異性の魅惑にも目覚め、

政治や大人のいい加減さも次第に分かってくる。

Cimg8035

だがそんな彼らにとって、人生は未だ永遠なものであって、

自分が年をとり、何時か死ぬなんてことを思いだにしない。

それが何時の間にかオジサン・オバサンになり、シジイとババアになる。

Cimg8036

しかもその体感時間は年齢と共に加速度的に早まっていく。

その体感時間を少しでも長くするには新しい体験をすることだ。

次から次へと新たな場面に自分をさらす事だろう。

Cimg8037

してみると・・・・、定年延長して同じ職場で過ごすのがベターなのかどうか?

出来れば、定年を機に新たな第二のステップへと踏み出して行きたい。

ともあれ放漫財政の付けは、消費税の累増に加えて

Cimg8044

私たちの生き様まで攪乱をし始めたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

夏の思い出

2013年の手帳を買い求めた。

今年も残すところ4か月だが、既に来年の予定調整を求められている。

Cimg7759

ともあれ、この夏の事である。

夏の入り口の台風で私の畑は随分予定が狂った。

Cimg7780

それに、かなりの猛暑も続いたな。

その夏をたっぷり汗をかいたし、とっても書き切れない色々があった。

だがやはり、欧州の8日間が印象深い。Cimg7773

勿論毎日が非日常の連続だったし、豪勢な歴史の旅をしてきた。

今日は、その旅を共にした一行の反省会があった。

人それぞれにDVDに編集していたりして、Cimg8038

同じ旅をしても、人の目線はこんなにも違うものかと思った。

私の目線にも自信を持っていたのだが、人それぞれ奥行きが違うのだ。

フェルメールもレンブラントも忘れ難い。Cimg8039

だが最も印象的だったのは、2ヶ国を回って終ぞ荒れた農地を見なかったことだ。

欧州は、どの国も自分の国土をこよなく大切にしている。

ちゃあ~んと、国土を管理できる政策が徹底しているのだ。Cimg8040

農業者は、生産者でもあるが国土の管理者なのだ。

この点、私達の国はお粗末限りない。

「金になりさえすりゃ良いんでしょ」と、それが正義と思い込んでいる。Cimg8042

尖閣も竹島問題も、その延長線上にある。

「国破れて山河」の有り様を顧みなかった結果だ。

その上、TPPなぞを「平成の開国」と叫んだ能天気な総理がいた。Cimg8043

パフォーマンスだけの、およそ何の哲学もない男なんだろう。

国土の荒廃を招きかねないと言う、自分の政策の意味すら考えていない。

それはさておき、欧州はユーロの動揺はあるが、Cimg7818

おしなべて美しく管理されている。

それを確認できたことが、この夏の最大の収穫だな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

気と実り

私達は有形であれ無形であれ、自分なりの何らかの成果を求めて生きている。

それは愛や友情、名誉や誇り、或いは金銭や物品だったりする。

Cimg7581

朝目覚めて、体が至極重く感じられることがある。

「うむ~・・」と感じつつ、次の瞬間にはオクラの収穫をイメージしている。

Cimg7572

オクラの実は一日で倍ほどの大きさにも成長してしまう。

だから毎日収穫しないといかんのだ。

そうして朝露の残る畑で、大きなポール一杯のオクラを収穫する。Cimg7568

それが終わると、ブドウの収穫調整をしてやっと朝食となる。

お茶を飲む暇もなく、街頭に立って子供達を見送る。

それから職場や会合の場に向かうことになるのだ。Cimg7602

今年で定年退職から既に5年になる。

JRと新幹線を乗り継いでの通勤だったし、自由な時間は極限られたものだった。

むしろ、それで毎日が安定していた。Cimg7529

制約によって、安定した一日のリズムが得られていたのだ。

ところが退職と同時に、可処分時間が飛躍的に増える。

自由が良いからって、何もせずにボーとしている訳にはいかない。Cimg7646

ボーからは、何の実りも得られないからだ。

成果のない毎日と言うものは、決して楽しいものではない。

この点、趣味の農園は魅力にあふれている。Cimg7710

毎日「やらなければならない」ことがある。

そうして、その成果としての実りがあるんだ。

ともあれ農園に限らず、歳と共に気を意識して充実させることが大切だ。Cimg7718

そしてその「気」は、はっきりと成果に向けるべきだ。

気に入ったものに向かって、限りなく前進すれば良いのだから。

ところで、今日は夕方から山に入った。

誰もいないと思っていたら、Cimg7750

コツコツと杭を打って走路を整えているOさんと出会ってしまった。

誰もいない山の中で、一人でスコップを振るい階段を作っていた。

とっさだったけど、心にジ~ンと来るものがあった。

人ってさ、そんな自分の心の成果を探しいてるんかも知れないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

秋色

やっと涼しい風が吹いてきて、虫の声に秋を思う。

確かに今年の夏は暑かった。

Cimg8030

お陰で、私のピオーネは色付きが思わしくなくてほぼ半分が残っている。

逆に稲穂はたわわで、かなりの豊作を予感させている。

Cimg8029

子供達が、その頭を垂れた稲穂の傍らを元気に歩いてくる。

「お早う !!」夏休みの間、こいつらは何をしていたのか。

Cimg8031

私は、この夏も良く走った。

たっぷりと汗をかいて、秋に向かって養生してきたのだ。

Cimg7918

ああ~、ヨーロッパに行ったって走っていた。

お陰で心身共に爽建で、この秋の風と共に新たな元気(やる気)を生み出しつつある。

Cimg7827

仕事も自治会連合会のボランティアも忙しくなる。

それに今月は、丹後100kmマラソンだ。

Cimg7826

多分、丹後の自己記録を更新できるのではないか。

養生と言うのは、未来のためのメンテナンスってことだ。

Cimg7618

どんなことにだって準備がいる。

事の成否の七割はその事前の心構え(準備)で決まってしまうだろう。

それもすべて畑に教えられている。

Cimg7617

堆肥と肥料で土を養生し、健康な成長を慈しむ。

そうやって、ブドウもオクラもゴーヤも、キャベツも人参も夏を過ごしてきた。

人間だって同じさね。

Cimg7583

あの熱暑を萎れて過ごしたのかどうかで、心根は変わる。

いやさ、スックと胸を張ってこの秋を味わおうと思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

地震列島の住人

私達は、地震列島の上に暮らしている。

と言うよりも、プレートの造山運動(地震)で造られた列島に住んでいる。

Cimg8002

フィリピンプレートと太平洋プレートが大きく動き、やがて東海・東南海が動くだろう。

東日本大震災で、私達が海岸近くに住んでいることが改めて確認された。

Cimg7999

山が削られて海を埋め平野が出来ていく。

その平野部に日本人の大部分が生活しているのだ。

Cimg8000

私の住む地域だって、どんどん海に向かって広がった所だ。

海まで4kmほどあるが、その証拠にかつては海までの間に6~7本の堤防があった。

Cimg8004

戦後の耕地整理でその何本かが取り払われて、景色は一変した。

さらには、海岸から1kmほどの間に6~7千人が住んでいる。

Cimg8007

震災の後市長が私に、「何故この地区に人口が集中しているのか? 」と聞いてきた。

私は「旧町の土地利用計画(線引き)の結果ですよ。」

Cimg8010

「この海岸地区には第一線堤から三線堤と堤防が何本もあって、

堤防と堤防の間を戦中の食糧増産のために開墾したんです。」

Cimg8015

「それが高度経済成長期に放棄されて荒れ果てていた。

その安価な荒れ地が住宅地として開発され、

堤防は取り払われて道路になったんです」と答えた。Cimg8020

ともあれ電源開発で天竜川にも幾つものダムが出来て、

上流からの土砂の供給は止まってしまった。

南に向かって広がり続けてきた海岸は、逆にやせ細って防潮堤を脅かしている。Cimg8023

昨日の防災訓練会場で毎日新聞の記者に「この学校から海岸まで500m位?」と聞かれた。

「いやいや、300mでしょうね。」と答え、一緒に海岸まで歩くことにした。

中学校の前の松林の向こうは直ぐに海だ。Cimg8024

私の子供の頃には、海は松林のはるか向こうにあったのだ。

私達の生涯は、地球の歴史からすればほんの僅かな時間でしかない。

とかく10年一昔で、土地の成り立ちなどは知ろうともしない。Cimg7993

三十数万の死者が出るとする先日の内閣府の発表は、決して大げさではないだろう。

東京を含めて、私達はそういう所に暮らしているのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

命を守れ!

今日は、朝から総合防災訓練である。

市内各地と静岡空港を拠点にした巨大地震に備える訓練だ。

Cimg8003

私の地区では、中学校と漁港が拠点となった。

先月末に、この中学校と小学校に屋上に上る避難階段が出来た。

Cimg8004

先ずは、この海岸地域に住む人々が20分以内に避難すること。

昭和50年代に住宅地化したこの地域には、高台らしい所がない。

Cimg8005

やっと標高14mの屋上に避難できるようになった。

不足する地区には年内に避難タワーが出来る予定だ。

Cimg8006

冬の寒さや雨対策など課題は尽きないが、ともかくも命の担保が先だ。

それで、この2校に800人余の人々が避難してきた。

Cimg8008

ビルの4階まで登る訳で、足の不自由な人には容易ではない。

だが皆さん、息を切らせて登ってきた。

Cimg8009

自分では動けない要援護者は、防災会の皆さんがリアカーで運び、

簡易担架で学校の最上階に運び入れる訓練も続いた。

Cimg8012

やがてヘリコプターが飛来し、屋上から病院への搬送訓練となる。

一方漁港では、海上保安庁を中心とした救出訓練だ。

Cimg8013

海に流された人をヘリと船で救出する様子がドラマチックに展開する。

沖合には大型貨物船が浮かび、救援物資の揚陸訓練もある。

Cimg8014

ともあれ海岸地域の多くの人々が参加して、少なくとも命のことを考えた。

Cimg8016

「地震なんて、何時起こるか・・??」とか「地震学者に煽られている」などと、

Cimg8017

野次馬的な評論は何の役にも立たない。

Cimg8022

ただ今は、イザと言う時にどうやって命を担保するのかなんだ。

Cimg8021

県内で死者10万9千人とされたが、これをどこまで減らせるか。

行政と自主防災会の力が問われている。

Cimg8025

私達は今、この自主防災会の防災力強化にも取り組んでいる。

防災会役員の任期の複数年化、指導者の養成、訓練への悉皆参加、

Cimg8027

要援護者への支援体制づくりなどだ。

その防災活動が、新たなコミュニティーを生み出し始めている。

Cimg8028

どんな事態が起こるか分からないが、必ず何がしかの役に立つはずだ。

私達は、今できることを一歩一歩進めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

感性の旅路

旅は、驚きや発見があるから面白い。

行く先々で人と出会い、歴史の場面や文物に遭遇する。

Cimg7930

成るほど!、そうだったのか!、素晴らしい!、・・・、

或いは悲劇に涙し歴史の出来事を呪ったりもする。

Cimg7923

旅が何んにも心動かすことの無い移動なら、それは止めた方が良かろう。

それと同じで、この人生も感性の旅路でありたいと思う。

Cimg7899

当然ながら、オギャーと生まれた瞬間から様々な物事に驚いてきた。

進学やら結婚・就職・昇進だって、ドキドキと不安や興奮の出来事だった。

Cimg7894

そうした人生のイベントはともかく、一日一日のその毎日の有り様を考えている。

今日一日、何に感動し納得し、何を発見し得ただろうか?

Cimg7891

いやさ、何も殊更大げさなことでなくたって良いわさ。

道端で、あの子が元気な挨拶をした。

Cimg7829

萩の花が涼しげに風に揺れている。

山でイノシシと遭遇した。

今朝のオクラの花は多いぞ!

Cimg7751

j満月がね・・、心を開けって言ってるぜ。

今夜は心温まる書き込みがあった。

etc・・・とかね、些細なことに感動する感性を持ちたい。

Cimg7746

それにはあれだね、受け身の感性だけじゃなくって、

I'll  try  anything  once ! の行動力が不可欠だな。

しかし兎角人間は怠惰なもので、無意識に安住を求めてしまう。

Cimg7992

だからこそ私は、ささやかな驚きとの出会いを求めたい。

そうさ、情熱大陸に生きたいと思っているのさ。

The moon and stars were shining all around

Jast you and I over the river

Two empty arms found love to hold

And thank Him for the love we share

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »