« 足元 | トップページ | 馬齢 »

2012年9月22日 (土)

秋澄む

暑さ寒さも彼岸まで、今日はその秋分の日である。

やはり季節は正直なもので、この数日涼風が吹いてくるようになった。

Cimg8264

大陸からの高気圧が押し出してくる頃合いだ。

Cimg8252

湿度が下がって空気が澄んでくる、それで「秋澄む」と詠う。

ブドウの収穫もほぼ終わりで、

Cimg8250

それも少し淋しいが今年の盛期が終わったと言うことだ。

Cimg8268

新たな始まりもある。

大根にタマネギ、それに白菜の種を播いた。

Cimg8274

大根は12月位から食べられるだろうし、玉ねぎは来春だ。

Cimg8273

稔りと新たな布石の秋なんだ。

さて人の世も栄枯盛衰、永遠の盛期なんてのはない。

Cimg8272

まして一人の人間であってみれば、起承転転は必定。

Cimg8271

何時か、秋が来て冬が来る。

だからこそ人間も、必死に花を咲かせ実を稔らせようとするんだろう。

Cimg8270

今日は地域の「ふれあいまつり」があった。

Cimg8265

年に一度「福祉」関係団体が共同してその理解を広げる会を開いている。

民生委員協議会、福祉委員会、保健委員会、包括支援センター、栄養士会、

Cimg8261

日赤奉仕団、共同募金会、ボーイスカウトなどと30余の団体が集まった。

舞台では、吹奏楽の演奏やら振り込み詐欺防止寸劇、小学FKDのコンサート、

Cimg8259

ハワイアンダンス、もちなげなどが続いた。

勿論大変な賑わいだが、本来の福祉への理解が広がったかと言うと??

Cimg8258

誰だって、自立し続けるために頑張っている。

だけどその強さは、時として人にも秋冬のあることを忘れさせてしまう。

それが「福祉なんて・・・・」ってことになる。

Cimg8257

地区社協活動に関わってきて、人の心が少しだけ見えるようになった。

望むらくは秋の空気が澄むように、助け合える社会になるといいよな~!!

|

« 足元 | トップページ | 馬齢 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋澄む:

« 足元 | トップページ | 馬齢 »